カテゴリー:アナリスト水田雅展の銘柄分析

  • 【アナリスト水田雅展の銘柄分析

    ASIAN STARは調整一巡、21年12月期収益改善期待

     ASIAN STAR(エイシアンスター)<8946>(JQ)は国内と中国で不動産関連事業を展開している。20年12月期は新型コロナウイルスによる経済活動停滞の影響で減収・赤字予想だが、21年12月期の収益改善を期待し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【アナリスト水田雅展の銘柄分析

    アールシーコアは調整一巡、21年3月期は新型コロナ影響だが受注回復期待

     アールシーコア<7837>(JQ)はログハウス「BESS」を販売している。21年3月期は新型コロナウイルスによる営業活動制限の影響で赤字予想だが、受注が回復傾向であり、下期は22年3月期の収益回復に向けて受注残の積み…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【アナリスト水田雅展の銘柄分析

    中本パックスはボックス上放れ期待、21年2月期は上振れの可能性

     中本パックス<7811>(東1)はグラビア印刷を主力に、コーティング加工、ラミネート加工、成形加工も展開し、収益力向上と全天候型の安定経営を目指している。21年2月期増収増益予想としている。第2四半期累計が計画超であ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【アナリスト水田雅展の銘柄分析

    Delta-Fly Pharmaは新規抗がん剤開発目指す

     Delta-Fly Pharma<4598>(東マ)は新規抗がん剤の開発を目指す創薬ベンチャーである。既存の抗がん活性物質を利用するモジュール創薬という独自コンセプトを特徴としている。11月18日にはDFP-1772…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【アナリスト水田雅展の銘柄分析

    マルマエは反発の動き、21年8月期減益予想だが受注回復基調で上振れ期待

     マルマエ<6264>(東1)は半導体・FPD製造装置向け真空部品などの精密切削加工事業を展開している。21年8月期は労務費や減価償却費の増加で減益予想としているが保守的だろう。20年10月の受注残高は前月比9.6%増…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【アナリスト水田雅展の銘柄分析

    朝日ラバーは戻り試す、21年3月期は下期回復期待

     朝日ラバー<5162>(JQ)は、自動車内装LED照明光源カラーキャップを主力として、医療・ライフサイエンスや通信分野の拡大も推進している。21年3月期は新型コロナウイルスの影響で営業赤字予想だが、車載用の需要が回復…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【アナリスト水田雅展の銘柄分析

    生化学工業は調整一巡、21年3月期は新型コロナ影響だが下期回復期待

     生化学工業<4548>(東1)は関節機能改善剤アルツが主力の医薬品メーカーである。21年3月期第2四半期累計は国内薬価引き下げ、新型コロナウイルスによる外来受診減少、研究開発費増加で大幅営業・経常減益だった。通期も大…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【アナリスト水田雅展の銘柄分析

    アイリッジは上値試す、売上総利益率改善基調

     アイリッジ<3917>(東マ)は、O2O・OMOソリューションをベースとして、デジタル地域通貨やライフデザインにも事業領域を拡大している。21年3月期営業減益予想である。第2四半期累計は赤字縮小した。また第2四半期は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【アナリスト水田雅展の銘柄分析

    ハウスドゥは調整一巡、21年6月期大幅増益予想で1Q順調

     ハウスドゥ<3457>(東1)は、FinTechを活用した不動産流通ソリューションで業界変革を目指す不動産テック(不動産×IT)企業である。なお20年10月にはFC「HOUSEDO」の新ブランドロゴを発表し、店舗デザ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【アナリスト水田雅展の銘柄分析

    ファンデリーは売り一巡、21年3月期赤字予想だが中期成長期待

     ファンデリー<3137>(東マ)は健康食宅配事業を主力として、ヘルスケア総合企業を目指している。21年3月期は新型コロナウイルスの影響や新事業「旬をすぐに」の立ち上げ遅れで赤字予想としたが、中期成長を期待したい。なお…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー別記事情報

新着記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-6

    【2020年新春相場展望】株式相場は世界的な政策期待を背景に高値圏で堅調な展開に

    【シニアアナリスト・水田雅展】  2020年の株式相場は、緊張が高まってきた米・イラン関…
  2. 2020-1-1

    【異説・新年相場展望】2020年は敵対的M&A、経営統合、業界再編など内部留保のマグマが噴き出し急浮上銘柄も

    ■企業価値が高まる展開も想定  2020年相場がスタートし、日経平均株価の年間高値は2万70…
  3. 株式市場株式市場 東京証券取引所 株価

    2019-11-25

    【特集】リスクオンとリスクオフを足して二で割る選択肢!「01銘柄」とは?

     昨今は、「01銘柄」が、株価テーマとして取り上げられることがほぼなくなった。それがここに…
  4. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高

    2019-11-18

    【特集】「買いたい弱気」派にお薦めの銘柄とは?

    ■上方修正セット銘柄の代表株  「買いたい弱気」派にアプローチをお薦めしたい…
  5. 2019-11-5

    【特集】出遅れが顕著な上方修正銘柄に焦点

    ■大成建、野村総研などの主力株の動向次第で幅広く割り負け株がギャップアップ …
IRインタビュー 一覧

テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る