カテゴリー:鈴木雅光の投信Now

  • 【鈴木雅光の投信Now】セゾン投信「ゆうちょダイレクト」での販売開始

     これまで直販のみで販売を行ってきたセゾン投信が、外部金融機関との提携で運用ファンドを販売することになりました。提携先はゆうちょ銀行です。といっても、ゆうちょ銀行の窓口販売ではなく、インターネットサービスである「ゆうちょ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【鈴木雅光の投信Now】2017年1月スタートのiDeCo(イデコ)とは?

     2017年1月からiDeCoがスタートする。などと言うと、何か全く新しい制度がスタートするかのように思えるが、そうではない。iDeCoとは、個人型確定拠出年金(DC)のことだ。確定拠出年金とは、国民年金、厚生年金などの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【鈴木雅光の投信Now】ラップ口座、早くも倍々ゲームに陰り?

     ラップ口座については以前も、このコーナーで書かせてもらいました。 確か、その時点では、ラップ口座の口座、運用残高の伸びが非常に順調だったと記憶していますが、その勢いにも陰りが見えてきたようです。日本投資顧問業協会が発表…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【鈴木雅光の投信Now】初めての人は、どの投資信託を買えば良いのだろうか

     国内で設定・運用されている公募投資信託の本数は、2016年9月末時点で6043本になりました。公募投資信託の本数が6000本を超えていたのは、1996年9月の6041本が最後なので、20年ぶりのことです。その後、200…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【鈴木雅光の投信Now】アクティブ運用vsインデックス運用

     アクティブ運用とインデックス用のどちらが良いのでしょうか。 一般論としては、「長期で投資した場合、アクティブ運用の運用成績は、インデックス運用のそれに劣後する」と言われます。理由は、恐らく次の2点でしょう。 その1。プ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【鈴木雅光の投信Now】ついにここまで来た投資信託のコスト競争

     大和投資信託が「iFree」というインデックスファンドのブランドを立ち上げました。日本株インデックスや外国株インデックス、債券インデックスなど、複数の資産クラスに分散投資できるインデックスファンドが複数本揃っているもの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【鈴木雅光の投信Now】テーマ型ファンドは買わない方が良いと言われるけれど・・・

     本来、テーマ型の投資信託は買わない方が良いと言われています。理由は大体、次の3点でしょう。(1) テーマに沿った銘柄にしか投資できず、ファンドマネジャーにとって運用の自由度が制限される。(2) テーマが短期間で陳腐化…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【鈴木雅光の投信Now】マイナス金利で高分配型ファンドが再び人気?

     2月16日からマイナス金利が導入されたことによって、国内預貯金の利率は大幅に低下しています。大手銀行の定期預金利率は、預入金額の多寡、預入期間の長短に関わらず、利率は年0.001%という低さです。もはや資産運用の対象に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【鈴木雅光の投信Now】50歳からの「投機」は止めましょう

     ここ数年、さまざまな個人投資家に話を聞いてきました。といっても、投資信託でコツコツ運用しているのではなく、株式のデイトレーダー、スイングトレーダーが中心です。中には、500万円を数億円にまで殖やしている人もいます。 人…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【鈴木雅光の投信Now】こんな時だからこそ狼狽売りをしないこと

     Brexitの影響で、国内外の株式市場、為替市場は大きく揺れています。特に海外の株式市場に投資している投資信託は、基準価額が大きく下落しているので、それを保有している受益者の中には、一旦、解約して損失を確定するべきか、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー別記事情報

新着記事

ピックアップ記事

  1. トヨタ 7203 トヨタ自動車

    2019-7-22

    【特集】3カ月ぶりに年初来高値を更新したトヨタ自動車に追随する銘柄は?

    ■トヨタ自動車に追随しPBR1倍割れの時価総額上位株に照準 トヨタ自動車<7203>(東…
  2. 2019-1-3

    【2019年相場展望】相場格言では「亥固まる」だが・・・=浅妻昭治

    2019年は、日米とも選挙の年 新年2019年の干支は、「亥」である。相場格言では「亥固まる」とされ…
  3. 2019-1-2

    【今年活躍期待の注目銘柄】キクカワエンタープライズは出遅れ感から水準訂正高へ

    ■経産省から「地域未来牽引企業」に選定 キクカワエンタープライズ<6346>(東2)は、1897年…
  4. 2018-12-31

    【2019年銘柄選択の中長期テーマ】新技術関連が本命!次の成長株を発掘する好機

    2020年代に向けた新技術関連が本命 2019年の銘柄選択に関する中長期テーマとしては、進化が加速す…
  5. 2018-12-31

    【話題】米中貿易戦争が日本に与える影響

    米中の貿易戦争激化 米中の貿易戦争激化のタイムリミッドは米国が中国に宣告した19年2月末。トランプ米…
IRインタビュー 一覧

アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る