カテゴリー:小倉正男の経済コラム

  • 小倉正男の経済コラム

    【小倉正男の経済コラム】サプライチェーンを誤れば不良品の山~韓国の部品「自国化」の顛末

    ■無理やり「自国化」すれば不良品の山を抱える  昨19年の9月19日付けのこの「経済コラム」で、サプライチェーンについては以下のように書いたものである。 『サプライチェーンとは、原材料・部品・部材手当から製品…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【小倉正男の経済コラム】ワンダーコーポレーション:次世代型ビジネスへの取り組み

    ■百聞は一見にしかず  池袋サンシャインシティ噴水広場という「名所」があるのだが、初めて行ってみた。  サンシャインシティには、昔(大昔か)はセゾングループの堤清二代表への取材、最近では劇場での観劇(2・5次元ミ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小倉正男の経済コラム

    【小倉正男の経済コラム】「韓国売り」、株安・通貨ウォン安のリスク

    ■強すぎる大統領府の権力  文在寅大統領の韓国政府だが、息つく暇もなくスキャンダルに揺れている。  ひとつは、ユ・ジエス釜山市前副市長に関するものだ。前副市長は、盧武鉉政権時代に文在寅民情主席秘書官(当…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小倉正男の経済コラム

    【小倉正男の経済コラム】米韓軋轢、駐留経費5倍増要求で揉める

     黒澤明監督の映画「用心棒」、三船敏郎が用心棒「桑畑三十郎」を演じた。  ハリウッドでは、「ラストマン・スタンディング」などにリメイクされ、ブルース・ウィリスが主演した。「ラストマン・スタンディング」は、偶然に何も知ら…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小倉正男の経済コラム

    【小倉正男の経済コラム】文在寅大統領 親書の中身は「全面降伏」

    ■「コリア・ファティーグ」(韓国疲れ)どころかウンザリ  「コリア・ファティーグ」(韓国疲れ)という言葉があるが、いまではそれを超えてウンザリというか付き合いたくないという感が強い。  ファティーグ=疲れというものを知ら…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小倉正男の経済コラム

    【小倉正男の経済コラム】文在寅大統領:ムッソリーニ、レオン・ブルムの政策に相似

    ■「米中貿易戦争」で窮地に立つ韓国経済  「米中貿易戦争」だが、中国がアメリカから農産物を最大500億ドル購入するということで暫定合意となった。 暫定合意には、中国による技術移転強要など知的財産権侵害に対する…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小倉正男の経済コラム

    【小倉正男の経済コラム】「米中貿易戦争」「日韓摩擦」ドロ沼化と韓国経済

    ■ドロ沼化の「米中貿易戦争」  「米中貿易摩擦」、18年後半~19年前半には、遅くても19年半ばには解決するとみられていた。19年後半には、中国経済が息を吹き返して旺盛な需要を復活させるだろうと。  しかし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小倉正男の経済コラム

    【小倉正男の経済コラム】韓国「国産化」ルサンチマンとサプライチェーン

    ■サプライチェーン=全体の「最適化」を目指す  サプライチェーンとは、原材料・部品・部材手当から製品化を経て、製品がマーケットに供給されて消費者の購買にいたる連鎖を指している。  全体の「最適化」を目指…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小倉正男の経済コラム

    【小倉正男の経済コラム】文在寅大統領――チョ・グク氏を法相に任命、浄化されざる強権手法

    ■チョ・グク氏の法相任命を強行  文在寅大統領の韓国だが、ついにチョ・グク氏を法相に任命した。 普通の国なら、「タマネギ男」とまで揶揄される疑惑まみれのチョ・グク氏を任命できる状況にはない。しかし、それでも文…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小倉正男の経済コラム

    【小倉正男の経済コラム】お付き合いしたくない文在寅大統領の韓国

    ■唐辛子は数百万年前から朝鮮半島に自生していたという新説  韓国といえば唐辛子だ。その唐辛子は、豊臣秀吉の軍が持っていったというのが定説である。韓国の文献にもいくつもそう書かれているというのだ。以前に韓国に行…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー別記事情報

新着記事

ピックアップ記事

  1. 2019-8-30

    アルコニックスのグループ企業、富士プレスは記者向け合同説明会を開催

    ■金属精密プレス事業専業会社としてメキシコを拠点に、北米、中南米市場への事業拡大を目指す  …
  2. 2019-8-23

    「日経IR・個人投資家フェア」が東京ビッグサイトで開催!多くの個人投資家が集まり大盛況

     日本経済新聞社は8月23日(金)と24日(土)の2日間、東京ビッグサイトで「第14回・日経IR・…
  3. トヨタ 7203 トヨタ自動車

    2019-7-22

    【特集】3カ月ぶりに年初来高値を更新したトヨタ自動車に追随する銘柄は?

    ■トヨタ自動車に追随しPBR1倍割れの時価総額上位株に照準 トヨタ自動車<7203>(東…
  4. 2019-1-3

    【2019年相場展望】相場格言では「亥固まる」だが・・・=浅妻昭治

    2019年は、日米とも選挙の年 新年2019年の干支は、「亥」である。相場格言では「亥固まる」とされ…
  5. 2019-1-2

    【今年活躍期待の注目銘柄】キクカワエンタープライズは出遅れ感から水準訂正高へ

    ■経産省から「地域未来牽引企業」に選定 キクカワエンタープライズ<6346>(東2)は、1897年…
IRインタビュー 一覧

テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る