アーカイブ:2019年 2月 07日

  • 株式市場 銘柄

    ネオジャパンが戻り高値に進む、連続最高益基調の高業績に注目強まる

    ■業績動向には上振れ余地が ネオジャパン<3921>(東1)は2月7日、時間とともに出直り幅を広げ、10時を過ぎては10%高に迫る1020円(91円高)前後で推移し、戻り高値に進んでいる。  ビジネスコ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 株式市場 銘柄

    富士急行は年初来の高値、スルガ銀行株式の評価損を計上するが営業利益は16%増

    ■「富士急ハイランド」入園無料化など奏功し「レジャー・サービス業も2ケタ増益 富士急行<9010>(東1)は2月7日、再び上値を追って始まり、10.時現在は7%高の3730円(245円高)まで上げて2018年…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 株式市場 銘柄

    J-オイルミルズは営業利益80%増など注目され昨年来の高値を更新

    ■経常、純利益は第3四半期までで通期見通し額を上回る J-オイルミルズ<2613>(東1)は2月7日、大きく上値を追って始まり、取引開始後に8%高の4140円(300円高)まで上げて昨年来の高値を更新。201…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 株式市場 銘柄

    なとりが戻り高値に進む、第3四半期の2ケタ増益など好感

    ■3月通期の見通しも2ケタ増のまま継続 なとり<2922>(東1)は2月7日、大きく出直って始まり、取引開始後に6%高の1679円(92円高)まで上げて戻り高値に進んでいる。6日の取引終了後に第3四半期決算を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 株式

    日経平均は61円安で始まりトヨタなど主力株の一角が安い

     2月7日(木)朝の東京株式市場は、日経平均が反落模様の61円84銭安(2万812円22銭)で始まった。NYダウは小反落程度にとどまり、しかも4日ぶりの下げになり21.22ドル安(2万5390.30ドル)だったが、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 編集長の視点

    【編集長の視点】システムサポートは2Q決算発表を前に今6月期通期業績の上ぶれ修正期待を高めて3連騰

    システムサポート<4396>(東マ)は、前日6日に63円高の2108円と3日続伸して引け、昨年12月7日以来1カ月ぶりに2100円台を回復した。同社株は、昨年12月14日に今2019年6月期第2四半期(2018年7月~…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【アナリスト水田雅展の銘柄分析

    ピックルスコーポレーションは外食・小売事業に参入

     ピックルスコーポレーション<2925>(東1)は漬物・キムチ製品の最大手である。主力の「ご飯がススム キムチ」ブランド力が向上し、惣菜分野やECサイトへの展開も加速している。2月6日にはBtoC事業強化に向けて、グル…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【アナリスト水田雅展の銘柄分析

    ソフトクリエイトホールディングスは急反発、19年3月期3Q累計が高進捗率で通期上振れの可能性

     ソフトクリエイトホールディングス<3371>(東1)は、ECサイト構築ソフトや不正接続防止製品を主力としてソリューション事業を展開している。19年3月期はのれん償却負担で利益横ばい予想だが、第3四半期累計が大幅増収増…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【アナリスト水田雅展の銘柄分析

    クリーク・アンド・リバー社は戻り高値圏、19年2月期増益・増配予想

     クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は、クリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、事業領域拡大戦略を加速している。19年2月期増益・増配予想である。株価…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【アナリスト水田雅展の銘柄分析

    ヤマシタヘルスケアホールディングスは急動意で戻り試す、19年5月期減益予想だが保守的

     ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265>(東1)は、九州を地盤とする医療機器専門商社の純粋持株会社である。19年5月期減益予想だが、やや保守的だろう。株価は日本経済新聞電子版「手術器具を台湾で量産」との報道を好…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー別記事情報

新着記事

ピックアップ記事

  1. トヨタ 7203 トヨタ自動車

    2019-7-22

    【特集】3カ月ぶりに年初来高値を更新したトヨタ自動車に追随する銘柄は?

    ■トヨタ自動車に追随しPBR1倍割れの時価総額上位株に照準 トヨタ自動車<7203>(東…
  2. 2019-1-3

    【2019年相場展望】相場格言では「亥固まる」だが・・・=浅妻昭治

    2019年は、日米とも選挙の年 新年2019年の干支は、「亥」である。相場格言では「亥固まる」とされ…
  3. 2019-1-2

    【今年活躍期待の注目銘柄】キクカワエンタープライズは出遅れ感から水準訂正高へ

    ■経産省から「地域未来牽引企業」に選定 キクカワエンタープライズ<6346>(東2)は、1897年…
  4. 2018-12-31

    【2019年銘柄選択の中長期テーマ】新技術関連が本命!次の成長株を発掘する好機

    2020年代に向けた新技術関連が本命 2019年の銘柄選択に関する中長期テーマとしては、進化が加速す…
  5. 2018-12-31

    【話題】米中貿易戦争が日本に与える影響

    米中の貿易戦争激化 米中の貿易戦争激化のタイムリミッドは米国が中国に宣告した19年2月末。トランプ米…
IRインタビュー 一覧

Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る