アーカイブ:2019年 6月 09日

  • カナモトの19年10月期第2四半期は、堅調に推移し、増収増益

     建機レンタルの最大手であるカナモト<9678>(東1)の19年10月期第2四半期は、堅調に推移し、増収増益であった。 同社は、この5年間で単体では29拠点を新設、M&Aや業務提携によりアライアンスグループの拠点数も1…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ベステラの第1四半期は需要拡大により増収大幅増益

    ■解体工事案件の増加が継続 プラント解体のベステラ<1433>(東1)の第1四半期は、需要拡大により、増収大幅増益となった。 高度経済成長期に建設された設備の解体、生産性向上のための装置入替、生産拠点や生産体制の見直し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • IR企業情報

    日本エンタープライズの子会社、and Oneは「Primus(R)Ⅲ」の提供を開始

     日本エンタープライズ<4829>(東1)の子会社、and Oneは、IP-PBXソフトウェア『Primus(R)』をアップグレードした「Primus(R)Ⅲ」の提供を開始する。 「Primus(R)」は、SIP-SI…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 株式市場 銘柄

    【注目銘柄】トレジャー・ファクトリーの5月の売上は好調で、今期1番の伸長率

    ■6月3日よりAmazon上で宅配買取サービスの提供を開始 トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)の5月の売上高は好調で、前年同月比8.7%増と今期1番の伸長率となった。既存店は、同4.6%増であった。 5月の売…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • IR企業情報

    ミロク情報サービスは新生銀行グループの取引先である中小企業の経営支援を行う協業体制を構築

    ■新生銀行グループ一体の取り組みとして強化・拡大 ミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)は、新生銀行グループ(新生銀行、昭和リース、アプラスフィナンシャル)の取引先である中小企業の経営支援を行う協業体制を構築…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー別記事情報

新着記事

ピックアップ記事

  1. トヨタ 7203 トヨタ自動車

    2019-7-22

    【特集】3カ月ぶりに年初来高値を更新したトヨタ自動車に追随する銘柄は?

    ■トヨタ自動車に追随しPBR1倍割れの時価総額上位株に照準 トヨタ自動車<7203>(東…
  2. 2019-1-3

    【2019年相場展望】相場格言では「亥固まる」だが・・・=浅妻昭治

    2019年は、日米とも選挙の年 新年2019年の干支は、「亥」である。相場格言では「亥固まる」とされ…
  3. 2019-1-2

    【今年活躍期待の注目銘柄】キクカワエンタープライズは出遅れ感から水準訂正高へ

    ■経産省から「地域未来牽引企業」に選定 キクカワエンタープライズ<6346>(東2)は、1897年…
  4. 2018-12-31

    【2019年銘柄選択の中長期テーマ】新技術関連が本命!次の成長株を発掘する好機

    2020年代に向けた新技術関連が本命 2019年の銘柄選択に関する中長期テーマとしては、進化が加速す…
  5. 2018-12-31

    【話題】米中貿易戦争が日本に与える影響

    米中の貿易戦争激化 米中の貿易戦争激化のタイムリミッドは米国が中国に宣告した19年2月末。トランプ米…
IRインタビュー 一覧

Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る