アーカイブ:2020年 3月 14日

  • 日本インタビュ新聞社

    首相が18時から会見し中小企業対策など「一気呵成に」と表明

    ■14日「新型コロナ特措法」施行、緊急事態宣言は無し 安倍首相が14日18時から記者会見を行い、「時々刻々と事態は変化しており、国民の命と健康を守るため、必要であれば法律上の措置を実行する考えだ」(毎日新聞ニュース3/…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • どう見るこの相場

    【どう見るこの相場】週明け16日は日経平均1640円高?日米協調の政策発動などに期待

    ■米国が非常事態宣言、NY株は急反発、今週は日米とも金融政策会合  米トランプ大統領の非常事態宣言を受け、米国13日の株式市場は、NYダウが9.4%高の1985.00ドル高(2万3185.62ドル)となるなど大幅に反発し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • NYNY ニューヨークダウ

    米トランプ大統領が非常事態宣言、NYダウ1985ドル高と大幅反発

    ■米国時間13日、学生ローン利息免除などの具体策を提示と伝えられる 米トランプ大統領は米国時間の13日、新型コロナウイルスの流行を受けて国家非常事態宣言を発し、学生ローンの利息免除などの緊急対策を採る方針を示したと伝え…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • IR企業情報

    ネオジャパンの20年1月期は主力のクラウドサービス、プロダクトなど順調に推移、前期配当を1円増額

    ■今期も7.5円を継続する方針 ネオジャパン<3921>(東1)は12日、2020年1月期連結業績(連結財務諸表は20年1月期から作成)を発表し、売上高が37億42百万円、営業利益が6億99百万円、経常利益が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小倉正男の経済コラム

    【小倉正男の経済コラム】「新型コロナ大不況」世界経済を救う白馬の騎士はアメリカしかない

    ■人が動かずモノ&おカネも動かない  先日、取材があって東京駅から新幹線に乗った。朝の8時台の新幹線だが、予約席の車両にはお客が数人しか乗っていなかった。 帰りの夜の新幹線は、朝よりは乗客が多かったが、それで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • トーヨーカネツは20年3月期連結業績予想を上方修正

    ■主力の物流ソリューション事業では、受注および売上高が伸びる トーヨーカネツ<6369>(東1)は13日、20年3月期連結業績予想の上方修正を発表した。上方修正の要因は、主力の物流ソリューション事業では、受注…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー別記事情報

新着記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-6

    【2020年新春相場展望】株式相場は世界的な政策期待を背景に高値圏で堅調な展開に

    【シニアアナリスト・水田雅展】  2020年の株式相場は、緊張が高まってきた米・イラン関…
  2. 2020-1-1

    【異説・新年相場展望】2020年は敵対的M&A、経営統合、業界再編など内部留保のマグマが噴き出し急浮上銘柄も

    ■企業価値が高まる展開も想定  2020年相場がスタートし、日経平均株価の年間高値は2万70…
  3. 株式市場株式市場 東京証券取引所 株価

    2019-11-25

    【特集】リスクオンとリスクオフを足して二で割る選択肢!「01銘柄」とは?

     昨今は、「01銘柄」が、株価テーマとして取り上げられることがほぼなくなった。それがここに…
  4. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高

    2019-11-18

    【特集】「買いたい弱気」派にお薦めの銘柄とは?

    ■上方修正セット銘柄の代表株  「買いたい弱気」派にアプローチをお薦めしたい…
  5. 2019-11-5

    【特集】出遅れが顕著な上方修正銘柄に焦点

    ■大成建、野村総研などの主力株の動向次第で幅広く割り負け株がギャップアップ …
IRインタビュー 一覧

テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る