【話題】ニュース証券:元切り下げ策、アセアン5か国にも余波

グエンとチョウのベトナム株式セミナー

■ベトナム、市場混乱の影響は相対的軽微!

台湾料理店が少ないベトナム育ちのグエンさんは、この夏台湾に旅行し、初体験の台湾料理を楽しみ、「食材や味付けが、ベトナム料理に近く懐かしい感じで、大好きなタピオカミルクも美味しかった」と感想を語る。

いま、ベトナムの若者が行きたい海外の国ベスト4は、韓国、アメリカ、フランス、イタリアだという。韓国は旅行費用が安く、ベトナムでの韓流人気があり、アメリカ、フランス、イタリアは観光・買い物・食事に関心があるという。また、旅行費用高で敬遠されていた日本も、最近の円安で訪日ベトナム人が増えているという。

今回のセミナーは、突然実施された中国の為替政策が、アセアン5か国、特にベトナムに与える影響がメインテーマとなった。

結論から言うと「影響はあるが、他のアセアン諸国と比べると、混乱の影響は相対的に軽微だろう」とチョウサンは語る。その裏付けは、「グエンとチョウのベトナム株式セミナー」で是非確認し、ベトナム投資のご参考に。

※ニュース証券(渋谷区)では、投資家向け動画による「グエンとチョウのベトナム株式セミナー」の提供を毎週月曜朝9時から配信するとともに、『アオザイ姫のかわら版』を同社ホームページ( http://www.news-sec.co.jp/ )で公開している(原則月曜日)。


https://www.youtube.com/watch?v=YbQqeAlnCjU

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. 2019年相場展望 米中貿易摩擦の動向に左右される展開 2018年の東京株式市場は、欧米の長期金利の…
    3. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る