【Newsで一枚】京写は京大と実用化目指す次世代無線を来年度量産化へ、今期増配も

京写 児嶋一登 社長

京写<6837>(JQ・売買単位1000株)は7月末に発表した第1四半期(4~6月)の前年同期比減益をものともせず8月11日には849円の年初来高値を更新、2001年以来の水準に値を上げ4ケタをうかがう展開となっている。児嶋一登社長に聞いた。

<Q>先ず、2016年3月期・第1四半期の前年同期比23.2%減益の理由は。

<A>長尺基板を中国で製造して日本で販売しているが円安、人件費増などの影響でこの分野が苦戦した。前期、第4四半期からの悪い状態が尾を引いた。7月までに価格改定を進めたことで下期(第3四半期)から回復する。売上については両面プリント配線基板が車載関係に非常に好調で第1四半期の売上は前年同期比12.8%伸びた。

<Q>車載関係では。

<A>LED関係が伸びている。現在、テールランプ向けが中心だが、今後、ヘッドライトへのLED使用が増えるものとみている。放熱性などの品質、精度がよりいっそう求められるため当社の技術力が発揮できるものとみている。ただ、品質に応えるためには自社生産の強化が必要で片面配線プリント基板に比べると両面プリント配線基板の生産力が遅れているので今後、両面プリント配線基板だけで15~20億円の設備投資が発生する。ヘッドライトにLEDが使われることでそれだけ需要が大きいということだ。

<Q>通期(16年3月期)見通しは。

<A>売上13.1%増の200億円、営業利益31.0%増の12億円、純益31.3%増の9億円、1株利益62.7円の見通し。配当は年8円を予定しているが、配当性向が約13%と目安としている20%を下回るので、第3四半期時点で改めて考えたい。

<Q>マーケットで関心の京都大学との提携案件については。

<A>京都大学とは2年前から付き合いがある。次世代無線開発では第一人者の教授から実用化に対し協力要請があった。電波障害を受けることが少なく大量の情報を安定して送ることが可能でセキュリティにも優れている。基本特許は大学側が持っているので、今後は実用化に際しての特許を京大と共同で取得する。

<Q>需要規模は。

<A>分からないというのが正直なところだ。有線並みの情報伝達性能があり伝達距離も長い。たとえば、話題となっている身近な例では「ドローン」が新技術を使えば操縦不能に陥ることはない。とくに、産業用に実用化を目指しているので需要規模としてはそうとう大きいとみている。実装関係、産業用ロボット関係などが有力な需要先となるだろう。

<Q>いつから。

<A>16年3月末くらいまでにサンプル提供を始め、来期中には量産の目処をつけたいと思っている。生産はファブレスを考えているが、製造依頼先は京大と同じ京都関係のメーカーになるのではないかと思われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年3月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る