【村山貢司の気象&経済歳時記】百名山の経済効果

村山貢司の気象&経済歳時記

■年間1000億円規模、2016年から「山の日」制定で市場規模拡大

猛暑の中、北アルプスなどの山々はこの夏も多くの登山者で賑わった。日本の登山人口(1年に1回以上山登る人)は震災前には1000万人を超えていたが、現在は860万人と推定されている。

百名山の多い長野県だけで73万人にもなるが、長野県の調査ではこのうちの10.6%が日本百名山を目指しているという結果であった。百名山の多い長野県の数値がそのまま通用するわけではないが、その半分としても5万人近い人が日本百名山に挑戦しているのは間違いなであろう。

百名山は北海道から九州までの山であるから全て登るにはかなりの時間と費用が必要になる。山と溪谷社が東京の勤め人が休暇を使って挑戦する場合、最短で2年間129日の日数が必要であり、交通費や山小屋の宿泊費を含めた費用はおよそ242万円になるという結果であった。交通費に関しては可能な限りマイカーを使い、航空機は早割など安いチケットをとったと仮定しての計算である。この費用には羽田や東京駅までの交通費は含まれていない。また、現地での食料や土産物などの費用もいれていないので、実際にはもっと多額の費用が必要になるだろう。

交通の不便な地方から行く場合にはさらに交通費や宿泊費が増えることになる。単純計算では、百名山のブームによって、国内に年間1000億円を超えるお金が使われていることになる。他にも登山用の衣服や道具など波及効果が大きい。2016年からは国民の祝日として「山の日」が制定されるが、百名山が果たす役割は非常に大きなものがある。(村山貢司=気象予報士・経済評論家)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■9月29日(水)からセブン‐イレブン店舗で取り扱い開始  セブン&アイ・ホールディングス<…
    2. ■新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」  ミクシィ<2121>(東1)は、202…
    3. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る