【どう見るこの相場】日経平均の行方

どう見るこの相場

■NYダウが牽引、日経平均も上値追いへ、「次の中国台風発生」を睨みながら強いアメリカ景気を評価

<Q>週明けは一転して大きく下げているが。

<A>日経平均で見れば、前週、26日の安値1万7714円から週末に場中で1万9192円までわずか2日間で1478円高したのだから今日の300円を超す下げは当然の調整といえるだろう。

<Q>下げの原因となった中国経済は大丈夫か。

<A>正直、分からない。今日の日経平均の下げにも、前週から今週の短期間に中国経済が好転したわけではないという意味合いも含まれている。ただ、中国発の大型台風は、第何号だったのかは分からないが、ひとまず通過した。今後も中国で大型台風が発生する可能性は十分に予想されるが、目先、次の台風までの晴れの日ということだろう。

<Q>今後の相場をどう見ればいいのか。

<A>悪い方では中国、好い方ではアメリカということで、米中の綱引きとみておけばいいだろう。

<Q>どういうことか。

<A>言うまでもなく世界GDP1位のアメリカ、2位の中国、そして第3位の日本、それぞれの国の景気がどうなるかが最重要ポイントとなっている。その3大国の景気が米国は好調、中国は下降、日本はモタつきという状況だ。消去法で頼りになるのはアメリカしかないということだ。ただ、中国の景気下降が再び鮮明となればアメリカだけでは背負えない。

<Q>短期的にはどうか。

<A>中国の台風が去ったから好調のアメリカを見直す展開だろう。とくに、前週 、アメリカは4~6月のGDPを従来のプラス2.3%からプラス3.7%へ大きく上方修正した。それだけアメリカの景気は力強く推移しているということだ。今週末の雇用統計が良ければ、いよいよ利上げしてゼロ金利政策を終了するものとみられる。仮に、利上げがあったとしても次の利上げはかなり先のことだろうから相場的には材料出尽くしとなってNYダウは上昇が予想される。「景気の好い国の株は買われる」ということから当然だろう。NYダウは7月20日の1万8137円を目指すものとみられる。連れて、日経平均も上昇するだろう。ただ、中国で次の台風が発生したら、また嵐の相場となることは頭に入れておきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    2. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    3. クリナップ<7955>(東1)は、3月5日から3月8日まで東京ビッグサイトで開催された「建築・建材…
    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る