【銘柄フラッシュ】セルシードなど急伸し上場2日目の2銘柄はストップ高

銘柄

 3日は、上場2日目のベステラ<1433>(東マ)STUDIOUS(ステュディオス)<3415>(東マ)がともにストップ高となり、中国の株式市場が抗日記念日の祝日で3、4日と休場のため外部環境の不透明感を直接は受けにくい「初モノ人気」銘柄として活況高となった。

 ディフェンシブ性のある銘柄を選別買いする動きも強く、科研製薬<4521>(東1)は薬品株の中でも業績が良く値幅妙味も強いとされて10.0%高と急伸し、大阪チタニウムテクノロジーズ<5726>(東1)はクレディスイス証券による目標株価の引き上げが伝えられて国際的な旅客機増加に対応して航空機向け素材を増産との8月下旬の報道などが蒸し返されて12.7%高となり、日本金属<5491>(東1)は引き続き消費電力を大幅に低減させる極薄鋼板などを材料に15.8%高と急伸。サカイ引越センター<9039>(東1)は秋の引越しシーズンに期待とされて6.0%高となり約1カ月ぶりに上場来の高値を更新。「婚活」支援のIBJ<6071>(東1)も8.0%高と出直った。

 OATアグリオ<4979>(東2)は野菜の生育不良や天候不順などが思惑買いを呼んだようで7.3%高、イムラ封筒<3955>(東2)は大阪の知事選、市長選や維新の党などの団体の分裂で封書需要に思惑が強まり4.4%高。santec<6777>(JQS)は医療機器事業への進出などが好感されて20.5%ストップ高となり、セルシード<7776>(JQG)は細胞培養シートなどで知られ、テルモ<4543>(東1)が細胞をシート状に培養した心臓シートの承認を得たと伝えられて連想が働き16.2%ストップ高。テルモは1.6%高。ITBook<3742>(東マ)は改正マイナンバー法が衆議院で可決成立と伝わり13.6%高。VOYAGEGROUP<3688>(東マ)は8日の売買から東証1部に昇格することなどが材料視されて8.9%高だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1.  Lib Work<1431>(東証グロース)は6月17日、安心計画社と共同開発したAIを活用した…
    2. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    3.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    2022年8月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る