【特集】人材サービス・改正労働者派遣法関連

■改正労働者派遣法(15年9月30日施行)

特集 改正労働者派遣法が15年9月30日施行される。企業の派遣受け入れ期間の事実上の撤廃などが今回改正のポイントで、15年9月11日の衆院本会議で可決、成立した。

今回の改正の主要なポイント、および派遣元企業、派遣先企業、派遣労働者にとっての主なメリット・デメリットは以下のとおりである。

(1)労働者派遣事業の健全な育成を図ることを目的に、従来の特定労働者派遣事業(届出制)と一般労働者派遣事業(許可制)の区別を廃止して、すべての労働者派遣事業を許可制とした。

これによって国の指導・監督が強化されることになるため、派遣元企業には一段のコンプライアンス強化が求められるが、すべての派遣元企業が厚生労働省による許可要件の審査をクリアした企業となるため、派遣労働者および派遣先企業ともコンプライアンス面でより安心して活用できるようになる。

(2)派遣期間制限については、従来は無期限だった専門26業務と、原則1年上限3年に制限されていた専門26業務以外の区分を廃止した。そして派遣先企業の同一事業所における派遣労働者の受け入れ期間上限を3年、1人の派遣労働者が企業の同じ部署で働ける期間は派遣禁止業務以外のすべての業務について上限を3年とした。

ただし労働組合等に対して意見聴取して3年ごとに派遣労働者を入れ替えれば、同一事業所・業務において派遣労働者の活用を継続(再延長可能)することが可能になる。また派遣元企業で無期雇用されている派遣労働者については期間制限がなくなり、3年を超えて派遣先で同じ仕事を続けることができる。

なお派遣労働者は3年ごとの意見聴取で、派遣先に対する直接雇用の申し入れ、派遣元企業での無期雇用による業務の継続、新たな派遣就業先の紹介を選択することになる。

(3)雇用の安定を図るための措置、および均等待遇の確保やキャリアアップの推進を目的として、派遣元企業に対して、期間制限の上限に達する派遣労働者への新たな就業機会(派遣先)提供など雇用安定を図るための措置、派遣先における福利厚生利用など均等待遇確保のための取り組み、計画的な教育訓練等実施によるキャリアアップ支援などの配慮義務が課せられた。

派遣元企業および派遣先企業にとっては、派遣労働者に対する賃金情報開示や派遣労働者に対する福利厚生面での配慮が求められる。派遣労働者にとっては、派遣先企業の社員と同等の福利厚生を受けることや、派遣元企業のキャリアコンサルティングに基づいて教育訓練を受けることが可能になる。

■派遣元企業にとってビジネスチャンス拡大

上記のうち(2)については、派遣先企業の派遣受け入れ期間の事実上の撤廃と解釈されている。また26専門業務と自由化業務の区分がなくなることで契約管理が明瞭になり、業務範囲に関する定義や解釈が柔軟になるというメリットも指摘されている。

今回の改正労働者派遣法については、一部では派遣社員の固定化に繋がるとの懸念も根強いが、派遣先企業にとっては派遣社員および派遣会社を活用しやすくなるというメリットが大きいようだ。

そして派遣元企業にとっては、人手不足感が一段と強まる中で派遣労働者の確保が引き続き重要課題となるが、今回の改正労働者派遣法が派遣契約の長期継続や新たなビジネスチャンス拡大に繋がる追い風となりそうだ。

また労働分野における規制改革について、今後は解雇規制関連まで進展するかが焦点となる。

■主要関連企業

【人材サービス(派遣・紹介・請負、転職支援)関連】
ジェイエイシーリクルートメント<2124>、ヒップ<2136>、UTグループ<2146>、トラスト・テック<2154>、日本マニュファクチャリングサービス<2162>、アルトナー<2163>、パソナグループ<2168>、エス・エム・エス<2175>、テンプホールディングス<2181>、ソーバル<2186>、夢真ホールディングス<2362>、ヒューマンホールディングス<2415>、アウトソーシング<2427>、ワールドホールディングス<2429>、夢テクノロジー<2458>、ジェイコムホールディングス<2462>、エスプール<2471>、WDBホールディングス<2475>、ジェイテック<2479>、ヒト・コミュニケーションズ<3654>、メディアファイブ<3824>、クリエアナブキ<4336>、アルプス技研<4641>、クリーク・アンド・リバー社<4763>、キャリアバンク<4834>、フルキャストホールディングス<4848>、MRT<6034>、キャリアリンク<6070>、平山<7781>、メイテック<9744>など

【求人情報サービス関連】
学情<2301>、アルバイトタイムス<2341>、ディップ<2379>、KG情報<2408>、キャリアデザインセンター<2410>、クイック<4318>、ピーエイ<4766>、エン・ジャパン<4849>、リブセンス<6054>、リクルートホールディングス<6098>など

【人材採用・育成・教育サービス関連】
システム・テクノロジー・アイ<2345>、ビジネス・ブレークスルー<2464>、TAC<4319>、日本エス・エイチ・エル<4327>、ウィルソン・ラーニングワールドワイド<9610>、ニチイ学館<9792>など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■作戦も重要だが、用兵も劣らず大切  いまや決算の季節である。決算は企業の通信簿であり、結…
    2.  気象庁から5月から7月までの3か月予報が発表された。結論から言うと今年の夏は6月から気温が高く、蒸…
    3. ■軽量デザイン版も国内で同時に販売予定  楽天<4755>(東1)グループのRakuten Kob…
    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く JPホールディングスの荻田和宏社長に経営への取組みを聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 翻訳センターの東郁男社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨシムラ・フード・ホールディングスの吉村元久社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く セキドの関戸正実社長に現況を聞く アルコニックスの正木英逸社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く トレックス・セミコンダクターの藤阪知之社長に聞く イーグランドの代表取締役社長江口久氏に聞く ミロク情報サービスの是枝周樹社長に聞く 日本マニュファクチャリングサービスの小野文明社長に聞く 日本エム・ディ・エムの大川正男社長に聞く 建設技術研究所の村田和夫社長に聞く 東京個別指導学院の的場一成社長に聞く ビューティガレージの野村秀輝社長に聞く サンコーテクノの洞下英人社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る