【どう見るこの相場】日経平均、安倍政権大勝利のご祝儀も

どう見るこの相場

■日経平均446円高で目先の金融不安売りは一巡、安倍政権大勝利のご祝儀も

<Q>日経平均は急反発しているようだが。

<A>日経平均は18日(木)前場では446円高の1万7265円と前日までの嫌な雰囲気を吹き飛ばす急反発となっている。

<Q>下げていた不安材料が一掃されたのか。

<A>短期資金によるロシア・ルーブル売りは、ひとまず一巡したといえる。ただ、これまでの欧州の金融不安は蒸し返されて売り材料となって一度では終わっていない。ロシア売りが、これで完全に収束したと見るのは早計だろう。次の台風に注意をしながら前向きに日々の営みに取り組んでいくということだろう。

<Q>幸い、アメリカの景気は強いということか。

<A>それが一番の支えといる。今のアメリカ経済は、世界の経済が少々、ガタついても直ちに大きく影響を受けることはない。あのリーマンショックの大不況を乗り越えてきたのだから足腰は非常に強くなっている。ただ、世界経済の先行き不透明で早期に実現するだろうとみられていた金利引上げは先延ばしとなることが予想され米国企業々績にはプラス材料といえる。

<Q>日本はどうか。

<A>今日の日経平均には安倍政権大勝利に対する遅ればせの、「ご祝儀」が含まれていると思われる。今日はアベノミクスの目玉である地方創生で税制優遇の具体的な材料も出ている。目先の投げ売りが一巡したのでアベノミクス第3章を買う相場が新鮮な気持ちでスタートすることになるだろう。日経平均は早いタイミングで25日線(1万7405円)を抜けば場の雰囲気はさらに好転するだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2. ■序奏が聞こえたEV関連株は環境株人気も伴い展開部、再現部と続き上値を期待 …
    3. ■イトーヨーギョーの株価推移を横目にウオッチ  本特集では、災害関連株に注目することとした。…
    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る