【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ピックルスコーポレーションは16年2月期増益予想、指標面の割安感や中期成長力を見直し

【アナリスト水田雅展の銘柄分析

 ピックルスコーポレーション<2925>(JQS)は漬物やキムチ製品の最大手で惣菜分野への事業展開も加速している。16年2月期第2四半期累計は営業減益だったが、通期は営業増益予想で野菜価格が落ち着けば増額余地もありそうだ。株価は直近安値圏に回帰した形だが1000円近辺の支持線に接近して反発のタイミングだろう。1桁台の予想PER、1倍割れ水準の実績PBRと指標面の割安感も強く、中期成長力を見直す動きが強まりそうだ。

■漬物製品の最大手、主力の「ご飯がススム キムチ」のブランド力向上

 漬物・浅漬・キムチなど漬物製品の最大手メーカーである。セブン&アイ・ホールディングス<3382>など大手量販店・コンビニエンスストアが主要取引先であり、ブランド力の向上、新製品の積極投入、成長市場である惣菜製品の強化などを推進している。主力の「ご飯がススム キムチ」シリーズのブランド力向上とともに収益力も大幅に高まっている。

 事業エリア拡大や供給能力増強に向けた動きも加速し、中・四国エリアでは広島新工場(ピックルスコーポレーション関西)、北海道エリアでは札幌新工場(ピックルスコーポレーション札幌)が稼動している。

 14年8月には漬物製造の(有)尾花沢食品(山形県尾花沢市、民事再生)から資産を取得し、子会社の尾花沢食品を設立して事業を承継した。

 15年6月には青果市場を運営する県西中央青果(茨城県古河市)の株式を取得して子会社化した。主要原材料である国産野菜の調達方法の多様化を図るとともに、国産野菜の産地における生育状況や取引価格動向などの情報収集の強化を図る。

 なお新製品では15年4月に「ご飯がススムキムチ」シリーズのリニューアルを実施した。また15年8月には人気キャラクター「ふなっしー」とのコラボレーション製品「ご飯がススム ふなっしーの梨キムチ」、15年10月には「ご飯がススムさといもキムチ」「だしのきいた鰹のり」を発売している。

■利益は原料野菜価格の影響を受けやすい収益構造

 15年2月期の四半期別推移を見ると、売上高は第1四半期(3月~5月)68億18百万円、第2四半期(6月~8月)73億04百万円、第3四半期(9月~11月)63億18百万円、第4四半期(12月~2月)63億65百万円、営業利益は第1四半期3億83百万円、第2四半期2億94百万円、第3四半期2億13百万円、第4四半期1億66百万円だった。

 利益は原料野菜の価格動向の影響を受けやすい収益構造だ。また15年2月期のROEは14年2月期比1.3ポイント低下して7.3%、自己資本比率は同9.4ポイント低下して41.5%、配当性向は17.3%だった。

■16年2月期第2四半期累計は営業減益だが、通期は営業増益予想

 今期(16年2月期)第2四半期累計(3月~8月)の連結業績は、売上高が前年同期比11.4%増の157億36百万円、営業利益が同6.5%減の6億33百万円、経常利益が同8.6%減の6億56百万円、そして純利益が同80.9%増の4億88百万円だった。

 キムチ製品や惣菜製品が好調に推移して2桁増収だったが、日照不足など天候不順の影響で主要原料野菜の白菜は4月~5月に、胡瓜は3月~4月と7月に価格が急騰したため営業減益、経常減益だった。売上総利益率は同1.9ポイント低下して22.4%だった。販管費では広告宣伝費が減少したため販管費比率は同1.1ポイント低下して18.4%だった。純利益は減損損失が一巡して大幅増益だった。

 品目別売上高は浅漬・キムチが同11.3%増の71億87百万円、惣菜が同9.5%増の32億22百万円、ふる漬が同4.4%増の3億09百万円、漬物が同13.4%増の50億17百万円、販路別は外食が同17.9%増の11億93百万円、コンビニが同5.4%増の23億77百万円、量販店・問屋が同12.1%増の121億65百万円だった。

 四半期別推移を見ると、売上高は第1四半期(3月~5月)76億83百万円、第2四半期(6月~8月)80億53百万円、営業利益は第1四半期2億69百万円、第2四半期3億64百万円だった。

 通期の連結業績予想は前回予想(4月15日公表)を据え置いて、売上高が前期比5.0%増の281億50百万円、営業利益が同14.3%増の12億07百万円、経常利益が同13.2%増の12億43百万円、そして純利益が同39.3%増の7億01百万円としている。なお子会社化した県西中央青果の影響を織り込んでいない。配当予想(4月15日公表)は前期と同額の年間15円(期末一括)で予想配当性向は10.0%となる。

 キムチ製品や惣菜製品のブランド力向上、全国の製造・販売拠点を活用した営業活動、積極的な広告宣伝・販売促進活動、新製品開発・投入や他の食品メーカーとのコラボレーションなどの効果で、既存取引先への拡販や新規取引先の開拓が一段と進展する。増収効果に加えて、ピックルスコーポレーション札幌の収益性改善や、固定資産減損損失の一巡も寄与する。

 売上高の計画は、品目別には浅漬・キムチが同4.0%増の130億97百万円、惣菜が同13.2%増の58億円、ふる漬が同3.0%増の5億51百万円、漬物が同1.8%増の87億円、販路別には外食が同5.0%増の28億10百万円、コンビニが同5.0%増の45億93百万円、量販店・問屋が同5.0%増の207億46百万円としている。

 通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が55.9%、営業利益が52.5%、経常利益が52.8%、純利益が69.6%と高水準である。原料野菜価格の動向に不透明要素があるとして通期会社予想を据え置いたが、野菜価格が落ち着いて推移すれば通期会社予想に増額余地がありそうだ。

■漬物業界は大手による寡占化が進展

 漬物業界はコメの消費減少、食の多様化、少子高齢化などで市場の縮小が続いている。また家族経営など中小・零細企業も多いため、大手による寡占化が一段と進展すると予想される。

 こうした事業環境も背景として、主力の「ご飯がススム キムチ」シリーズのリニューアル、積極的な新製品の開発・投入、既存取引先への拡販や新規取引先の開拓、事業エリア拡大と供給能力増強、契約栽培拡大や6月の県西中央青果の子会社化などによる原料野菜の安定調達、原材料購買方法の見直しなどの戦略を着実に推進している。

 そして市場の規模が大きく、拡大基調の惣菜分野への事業展開を加速している。さらに、売上が想定以上に増加して生産能力が不足気味の関西・九州方面では、新工場建設も含めて能力増強投資を検討しているようだ。

 中期経営目標としては18年2月期の売上高330億円、営業利益13億円を掲げている。新工場立ち上げ時の創業負担などで利益は控えめな計画としているが、積極的な事業展開とブランド力向上効果で中期的に収益拡大基調だろう。

■安定株主作り進展

 なお14年11月実施のTOBによる自己株式取得によって、第1位株主の東海漬物の保有割合が27.20%に低下して親会社に該当しないこととなった。親会社の経営戦略の影響を受けずに、当社独自の経営判断で企業価値向上を図ることのできる体制を構築する。

 そして15年5月には、第三者割当による自己株式の処分(処分株式数34万2000株、処分価格1329円)を実施した。割当先は武蔵野銀行<8336>、三菱商事フードテック、味の素<2802>、高速<7504>など8社で、いずれも長期保有の方針としている。

 また安定株主作りの一環として、当社取引先が継続的かつ安定的に当社株式を取得することを目的に、ピックルスコーポレーション取引先持株会を設立して運営開始した。現在40社が参加し、今後さらに参加社数を増やす方針としている。

■株価は安値圏回帰だが下値支持線から反発のタイミング

 株価の動きを見ると、直近安値圏1000円近辺で下値固めが完了して出直りに見えたが、10月23日の戻り高値1163円から反落し、10月29日には1028円まで調整する場面があった。直近安値圏に回帰した形だ。

 10月29日の終値1040円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS149円47銭で算出)は7倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間15円で算出)は1.5%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS1394円19銭で算出)は0.7倍近辺である。時価総額は約67億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線が戻りを押さえる形となった。ただし8月の直近安値950円から下値を切り上げている。そして1000円近辺の下値支持線に接近して反発のタイミングだろう。1桁台の予想PER、1倍割れ水準の実績PBRと指標面の割安感は強く、中期成長力を見直す動きが強まりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年3月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る