【引け後のリリース】NTT都市開発がホテル事業でひらまつと提携し出資

引け後のリリース

■ひらまつ株を3.09%取得し「滞在型スモールラグジュアリーホテル」展開

 NTT都市開発<8933>(東1・売買単位100株)と高グレードフレンチレストランなどのひらまつ<2764>(東1・売買単位100株)は4日の大引け後、ホテル事業に関する業務資本提携を行い、NTT都市開発は11月6日付で平松博利代表取締役社長からひらまつ株式を150万株(発行済株式数の3.09%)取得すると発表した。

 発表によると、NTT都市開発は「中期ビジョン2018」で、訪日観光客の著しい増加等により今後の成長事業と位置づけるホテル・リゾート事業に戦略的に取り組むため、平成27年10月1日に商業事業本部ホテル・リゾート事業部を設置した。提携して取り組むホテル事業として、まずは第一弾として、リゾート地を中心に10~20室程度の「滞在型スモールラグジュアリーホテル(オーベルジュ)」を開始し、既に出店を発表している賢島(かしこじま:三重県、平成28年7月開業予定)を皮切りにスタートさせ、熱海(平成28年9月開業予定)の2物件から展開し、順次拡大していく予定とした。 

 また、NTT都市開発は第2四半期決算とともに今3月期の連結業績予想を大幅に増額修正して発表し、都心マンションなどの引渡しにより利益率が改善していることなどを要因に、今3月期の連結営業利益は従来予想を40%増額して350億円の見込み(前期比では41%増加)とした。純利益の見込みは25%増額し、新たな予想1株利益は45.58円。

 NTT都市開発の株価は2年近く横ばい相場が続いており、4日の終値は1138円(29円安)。業績予想の増額によりPERは25倍前後になり、たとえば三井不動産<8801>(東1)の20倍台後半と比べて割高感がほとんどなくなる形になる。

 ひらまつの株価は8月の全体相場急落局面で608円の下値をつけ、その後は650円をはさんで下値固めが続いている。4日の終値は645円(3円高)だった。業績は最高益基調にもかかわらず、全体相場に比べてまだ本格的な自律反騰が発生していないため、すでに反騰した銘柄よりも上値妙味がある可能性がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■9月29日(水)からセブン‐イレブン店舗で取り扱い開始  セブン&アイ・ホールディングス<…
    2. ■新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」  ミクシィ<2121>(東1)は、202…
    3. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る