【話題株】任天堂はDeNAで下げたが一転ミクシィで期待高まる、値幅5000~6000円の大モミ合い下限付近から出直り周期性に乗るか注目

話題株

任天堂<7974>(東1・売買単位100株)は昨9日までで4日連続高となり、値幅5000~6000円の大きなモミ合いの下限付近から出直ってきた。10月下旬には、DeNA(ディー・エヌ・エー)<2432>と共同開発するスマートフォン向けゲームの配信開始時期を2016年3月頃に順延すると発表して嫌気され急落。しかし、直近になってミクシィ<2121>(東マ)が発表した四半期決算短信に「下期はニンテンドー3DS版『モンスターストライク』や新規ゲームタイトルのリリース(中略)などが見込まれる」とあり、別方向から期待材料が飛び出した形になった。

値幅5000~6000円の大きなモミ合いは5月頃から半年以上も続いており、まだ下限付近から出直ったばかりのため、大きな周期性に乗ればけっこうな値幅が見込めそうな雰囲気がある。西洋流の手法でも「ボックストレード」(往来相場での売買)などと呼ばれて比較的認知度の高い手法になるとされている。

問題は一段高を支援できる材料だが、任天堂はドル預金の量が多いため円安には敏感な面がある。米国の12月利上げ観測が強まれば「ドル高・円安」が進む可能性があり、しばらくは為替にからむ材料性が増しそうだ。また、米国のクリスマス商戦も話題性を兼ねた材料になる可能性がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る