【話題株】CYBERDYNEは赤字続くが売り上げ急増し収支好転の期待強まる、『HAL』内外で医療用の認可が迫る

CYBERDYNE CYBERDYNE 7779 サーバーダイン

「装着型ロボット」のCYBERDYNE(サイバーダイン)<7779>(東マ・売買単位100株)は16日、7.5%高の1640円(114円高)となり、年初来の高値1708円(4月14日)に迫った。この前売買日・13日に発表した第2四半期決算(2015年4~9月、連結)は営業・経常・純利益ともほぼ前年同期並みの赤字となったが、売上高は前年同期の2.6倍に急増。

介護支援用などの用途にロボの導入が進見始めてきたことがうかがえ、損益分岐点の低下や収支好転に現実味が出てくれば株価は大きく動き出す可能性がある。

第2四半期は、介護福祉用で「平成27年2月に製品化した小型軽量の『HAL』自立支援用(単関節タイプ)も日本国内での病院を中心に導入が進み」「平成27年3月に製品化した『HAL』介護支援用(腰タイプ)は、介護施設向けの導入が大きく進展した」(決算短信より)。

また、作業支援用も、「昨年度に製品化された『HAL』作業支援用(腰タイプ)は建設現場や工場、物流倉庫を中心に導入が増加し」「人工知能AIを搭載した清掃ロボットは(中略)平成27年9月末より羽田空港での運用を開始した」(同)。

医療分野では、医療用(下肢タイプ)の国内外での臨床研究を推進。米国ではFDA(米国食品医薬品局)に対して医療機器の承認申請中であり、平成27年度中の承認取得を目指している。欧州にでは、既に医療機器認証を取得し、ドイツでは『HAL』を利用した治療に公的労災保険が適用されている。新たに公的医療保険への適用拡大を目指している(平成27年10月に申請済)。日本では平成27年3月に神経・筋難病疾患に対する「新医療機器」としての薬事承認申請を行っており、11月10日に医療用、薬事・食品衛生審議会の了解が得られたと発表した。

株価は2014年3月に上場して以来、同年8月につけた2132円の高値を除くとほぼ6年にわたり1300円前後から1700円前後の間を往来しながら横ばい相場が続いており、15年の年初来高値もこのモミ合い相場の「重力」から抜け出せていない。しかし、経験則ではモミ合いが長ければ長いほど、抜け出した暁に大きな上昇波動が訪れるとされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年5月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る