スターティアは上半期の出遅れを下半期で巻き返す計画

■COCOARの販売に関して、提案していた内容を複数回に分けて説明し、顧客の興味と理解に合わせて提案する方法に変更し、課題を解消

 スターティア<3393>(東1)の第2四半期は、スターティアラボ、クロスチェックの出遅れにより、増収減益と利益面で計画を下回ったが、通期業績予想は、当初予想を据え置き、下期で巻き返す計画である。

 16年3月期第2四半期連結業績は、売上高47億61百万円(前年同期比17.7%増)、営業利益86百万円(同65.9%減)、経常利益1億07百万円(同66.6%減)、純利益△05百万円(前年同期2億37百万円)であった。

 売上高に関しては、ビジネスソリューション事業31億37百万円(前年同期比30.2%増)、ネットワークソリューション事業14億06百万円(同32.8%増)、ウェブソリューション事業9億15百万円(同0.5%増)と3事業とも前期を上回った。

 しかし、セグメント利益に関しては、ビジネスソリューション事業52百万円(同34.9%減)、ネットワークソリューション事業92百万円(同5.2%減)、ウェブソリューション事業△07百万円(前年同期97百万円)と3事業ともに減益であった。

 減益の主な要因は、稼ぎ頭であったウェブソリューション事業が赤字となったことである。この原因の一つは、COCOARの販売に関して、顧客層がアーリー層からマジョリティ層へと変化していたにもかかわらず、顧客のITリテラシー(情報を自己の目的に適合するように使用する能力)や経験に合わせた提案ができていなかったことによる。また、提案自体が複雑で理解が難しいことも問題であった。しかし、既に、このような課題は、提案していた内容を複数回に分けて説明し、顧客の興味と理解に合わせて提案する方法に変更して解消しており、下期には堅調に推移すると見ている。ActiBookも第1四半期同様に不振であったが、COCOARと同様の変更を実施し、対策を講じている。一方、AppGooseは計画以上の売上で好調に推移している。
 ネットワークソリューション事業については、マイナンバー制度の開始で、セキュアSAMBAの売上が好調であることから、下期以降は人員の増加を図り、売上拡大を目指している。

 上半期は増収ながら、減益ということで、利益面で当初予想を下回っているが、課題解決に向けての取組が進んでいることから、下半期での巻き返しが期待される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2. ■ベトナムに進出した関連株にアプローチ 全般相場が、海外市場の波乱展開にふらされるようなら、これま…
    3. ■10月相場では、いよいよ理想買いから現実買いへ  安倍晋三首相は、消費税増税の使途変更を争…
    2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る