【銘柄フラッシュ】アルファクス・フードSなど急伸し地盤ネットHDはストップ高

銘柄

18日は、シャープ<6753>(東1)が前場2.6%安の119円(3円安)まで下げ、今世紀に入っての安値を更新したが、後場はこの値を割らず大引けは2円安。国内外の全社員に自社製品の購入を要請し、役員クラスは20万円、管理職は10万円、一般社員は5万円と読売新聞朝刊で伝えられ、朝方は後ろ向きの受け止め方が先行したようだが後場は底堅かった。

ユニオンツール<6278>(東1)は総還元性向100%以上との観測報道に一時22.4%高まで上げ、大引けも13.0%高で東証1部の値上がり率1位。イソライト工業<5358>(東1)は親会社・品川リフラクトリーズ<5351>(東1)の中期計画に絡む思惑があるようで業績好調もあり9.2%高となって同じく値上がり率2位。ダイキョーニシカワ<4246>(東1)は株式4分割の発表などが好感されて8.2%高となり同じく3位。イオンモール<8905>(東1)は自社株買いなどが好感されて7.2%高となり同じく4位。

KIホールディングス<6747>(東2)は国産初のジェット旅客機三菱MRJに関連との推測があり9.9%高。アパマンショップホールディングス<8889>(JQS)は17日発表の月次動向が好感されてに一時10.8%高と急伸したが大引けは1.9%高。地盤ネットホールディングス<6072>(東マ)は地盤検査の新サービスが好感されてストップ高の19.1%高。アイサンテクノロジー<4667>(JQS)は自動運転用の高精度3次元ナビゲーション発表などが好感されて一時21.6%高となり大引けは8.5%高。

アルファクス・フード・システム<3814>(JQG)は12日の決算発表翌日から4日連続ストップ高となり38.6%高。ネクストジェン<3842>(JQG)は好業績に加え、パリで発生した同時多発テロを受けてサイバー攻撃対策強化の動きが出てきたことなどからセキュリティ関連製品に期待との見方あり29.8%ストップ高となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■9月29日(水)からセブン‐イレブン店舗で取り扱い開始  セブン&アイ・ホールディングス<…
    2. ■新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」  ミクシィ<2121>(東1)は、202…
    3. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る