【どう見るこの相場】高い水準が続く「売買単価」、円安傾向止まれば中低位株へ人気シフト

どう見るこの相場

<Q>マーケットで買われている銘柄は、比較的長期間間、値の高い銘柄が中心のように思われるが。

<A>その通りといえる。マーケットで、値ガサ株が買われているか、あるいは値の低い中低位株が買われているかを現す、「東証1部・売買単価」でみると指摘通り、値の高い銘柄が買われている姿といえる。売買単価は今年10月末以降、980~1100円で推移している。とくに、11月25日以降は1000円を超えた展開が続いている(11月28日に1日間だけ1000円割れがある)。

<Q>売買単価の1000円台は過去と比べて、どういう水準なのか。

<A>取り上げた数値は日々のデータだが、通常は日々のデータを6日間の移動平均値で用いる。「売買単価6日平均」で捉えれば、2009年から2012年までは大体600~700円での推移だった。とくに、2012年12月には508円の歴史的な低い水準だった。それが、今年12月には1122円まで上昇、2008年以来の高水準となっている。

<Q>2009年から2012年といえば民主党政権時代ということになるが、政権と関係があるのか。

<A>かなり強いといえるだろう。株はデフレに弱いからだ。マーケットは2013年から安倍新政権の脱デフレを買う展開となった。その時の牽引役は「円安」だったことからトヨタ自動車などの値の高い輸出関連銘柄が買われているため売買単価が上昇しているといえる。

<Q>中低位株に人気は回るのか。

<A>「円安」の続いている間は「中低位株」が本格的人気となるのは難しいだろう。とくに、今の相場は「円安」→「輸出株」→「業績向上」→「低PER」という流れとなっている。無理をして中低位株や新興系銘柄を買わなくても、1部市場の円安関連値ガサ株を買っているほうが投資効率がよい。

<Q>中低位株に人気の回る条件は何か。

<A>「円安」傾向の止まることに尽きる。円安が止まれば連れて、日経平均の上値は重くなるため出遅れという観点から中低位株へ目が向くものとみられる。「NT倍率」(日経平均÷TOPIX)でも12.5倍と高い位置にあり、NT倍率では中低位株にいつ人気が移ってもいいところにある。新春あたりが屈折点となる可能性はありそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年7月
    « 6月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る