【鈴木雅光の投信Now】投資信託のコスト競争が始まった

インデックスファンドに、ちょっとした革新的な動きが出てきた。それは、もともとDC向けに設定されたインデックスファンドを、一般向けにも販売するという動きだ。

この手の動きは決して新しいものではなく、たとえば2007年には日興アセットマネジメントが、「年金積立インデックスファンド海外株式」を、DC向けから一般向けに販売。それに続いてニッセイアセットマネジメントが、2009年に「ニッセイ日経225インデックスファンド」を、同じようにDC向けから一般向けとして販売した。そのメリットは、信託報酬が大幅に下がることだ。

そもそもDC向けファンドは、規模のメリットが期待できることから、一般向けの投資信託に比べて信託報酬率を引き下げている。DC向けを一般向けに販売すれば、税制メリットは受けられないにしても、ローコスト運用は可能になる。近年、個人の間でもローコスト運用を望む声が増えてきただけに、投資信託会社もその声を無視できなくなってきたのだろう。

直近の動きでは、今年9月に、三井住友アセットマネジメントが設定・運用している4本のDC向け投資信託を、楽天証券が一般向けに販売するようになった。今回、その対象になった三井住友アセットマネジメントの投資信託は、次の4本だ。

日本債券インデックスファンド(運用管理費用:年率0.1728%)
DC外国債券インデックスファンド(同:年率0.2268%)
DC全海外株式インデックスファンド(同:年率0.27%)
DC新興国株式インデックスファンド(同:年率0.6048%)

さらに、同年11月にはニッセイアセットマネジメントが、「購入・換金手数料なしシリーズ」のニッセイ国内債券インデックスファンド、ニッセイ外国債券インデックスファンド、ニッセイ外国株式インデックスファンドの信託報酬を大幅に引き下げ、DIAMアセットマネジメントも、「たわらノーロード 日経225」という、超低コストの新しいインデックスファンドをローンチした。ちなみに同ファンドの信託報酬率は年0.2106%で、日経225をベンチマークとしたインデックスファンドの中では、最も信託報酬率が低い。
このように、インデックスファンドのコスト引き下げ競争が激化すれば、投資家の視線は自ずと、アクティブファンドのコストは合理的なのかどうかという点に移っていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る