【株式評論家の視点】コロプラはスマホ向けネイティブゲームアプリが主力、海外も拡大、今期も2ケタ増収益で増配

株式評論家の視点

 コロプラ<3668>(東1)は、「Entertainment in Real Life ~世界中の日常をより楽しく、より素晴らしく~」を事業ミッションとし、エンターテインメントを通じ、人々の何気ない日常をより豊かにすることを目指している。フィーチャーフォン向けのWebゲームアプリから始まったサービスも、現在ではスマートフォン向けのネイティブゲームアプリが主力となっている。デバイスの進化にも注目しており、VR(仮想現実)デバイスを対象としたアプリの提供も始めている。

 国内モバイルゲームサービスでは、国内向けにモバイルゲームサービスを配信している。現在の主力は「白猫プロジェクト」「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」といったスマートフォン向けネイティブアプリで、同社提供の複数のタイトルがApp StoreやGoogle Playといったストアで売上ランキングの上位に入っている。

 海外モバイルゲームサービスでは、海外向けにモバイルゲームを配信している。配信エリアは、主に英語圏および東アジアであり、徐々に拡大している。

 VRサービスでは、VRデバイス向けにアプリを提供している。現在は「白猫VRプロジェクト」などゲームのみを配信しているが、多くの調査機関は、デバイスの高機能化またデバイス保有者増に伴い、VR市場が将来大きな市場に育つと予想しており、VR市場の成長に合わせ、ゲームタイトルを充実させつつ、ゲーム以外の分野への積極的な展開を推し進めていく計画。

 その他のサービスでは、位置情報分析コンサルティングサービスを提供している。位置情報活用を目指す「おでかけ研究所」のほか、スマートフォン特化型リサーチサービス「スマートアンサー」の提供を行っている。

 前2015年9月期業績実績は、売上高が723億9500万円(前年同期比35.1%増)、営業利益が323億1700万円(同36.9%増)、経常利益が323億6300万円(同37.4増)、純利益が194億3600万円(同49.2%増)に着地。

 今16年9月期業績予想は、売上高が850億円(前年同期比17.4%増)、営業利益が360億円(同11.4%増)、経常利益が360億円(同11.2%増)、純利益が210億円(同8.0%増)と連続最高益更新を見込む。年間配当は期末一括17円(同1円増)と増配を予定している。

 株価は、3月2日につけた年初来高値2989円から8月25日に年初来の安値1750円と調整。その後、2000円割れで下値を固め、11月17日高値2710円と上昇。上げ一服となっている。同社は、スマートフォン向けワンフィンガーRPG『白猫プロジェクト』のテレビCM「白猫高校シリーズ」の新作2本を、12月1日(火)から全国で放映開始。『白猫プロジェクト』は指一本で快適に操作できる本格的なスマートフォン向けRPGで、このCMを通じて、『白猫プロジェクト』の知名度がさらに高まる契機になると予想する。MSCI標準指数の銘柄の入れ替えで除外されたことを嫌気し、やや軟調展開となっているが、成長は続くと期待される。今期予想PER14倍台と割高感はなく、25日移動平均線まで下押す場面があれば、買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家&アナリスト・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1.  Lib Work<1431>(東証グロース)は6月17日、安心計画社と共同開発したAIを活用した…
    2. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    3.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    2022年8月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る