【株式市場】材料株物色が活発で円安基調など好感し日経平均は4日ぶりに反発

株式

◆日経平均の終値は1万9230円48銭(183円93銭高)、TOPIXは1549.51ポイント(9.16ポイント高)、出来高概算(東証1部)はSQ算出に絡む売買が加わり24億521万株

チャート15 11日後場の東京株式市場は、小野薬品工業<4528>(東1)が新薬への期待などで一段高の上場来高値など、引き続き材料株物色が活発で、円相場も数日ぶりに円安基調が続いたため輸出関連株が強く、日経平均は190円高の1万9350円前後を保って4日ぶりの反発基調となった。ただ、原油安が続けばドル売り・円買い要因との見方もあり、週末取引のため前場の235円66銭高(1万9282円21銭)は抜けなかった。主な株価指数はすべて高い。

 後場は、前場急伸したTASAKI<7968>(東1)が高値モミ合いに転じた半面、11月下旬に有機ELパネル関連株として急伸した保土谷化学工業<4112>(東1)ケミプロ化成<4960>(東2)が再び動き出して活況高となり、物色の手替わりが活発な印象。スターフライヤー<9206>(東2)が燃油コスト低下期待などで一段高となり、カイオム・バイオサイエンス<4583>(東マ)は引き続き特許取得などを好感してストップ高。アパマンショップホールディングス<8889>(JQS)は「民泊」関連人気が衰えずストップ高となり大幅続伸。

 本日上場のランドコンピュータ<3924>(東2・売買単位100株)は銀行・保険系、流通系などのシステム開発が主事業で、前場は買い気配のまま初値がつかず、後場、13時23分に公開価格1760円の2倍強の3580円で初値がつき、その後4005円まで上げて大引けは2906円だった。

 東証1部の出来高概算はSQ算出に関わる売買が5億株内外加わったようで24億521万株(前引けは15億3076万株)、売買代金は3兆659億円(同2兆661億円)。1部上場1925銘柄のうち、値上がり銘柄数は1260(同1360)銘柄、値下がり銘柄数は547(同436)銘柄。

 また、東証33業種別指数は27業種(前引けは26業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、医薬品、倉庫・運輸、鉄鋼、電気機器、輸送用機器、空運、機械、海運、などとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年3月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る