【どう見るこの相場】超低金利効果と株式相場

どう見るこの相場

■世界のマネーは日本に投資しないのは「モッタイナイ」!

<Q>国債の利回りが過去最低水準のようだが。

<A>10年物国債の利回りが25日には0.31%まで低下し歴史的な低水準となっている。

<Q>なぜか。

<A>日銀の10月末の量的金融緩和を受けて日銀が大量に国債を買っている。需給関係がよいからだ。その規模は毎月8~10兆円といわれる。これだけ腰の入った買いが入っていれば短期の投機マネーもある意味で安心して介入できる。国債が品薄になっているから投機マネーにはおいしい対象だろう。株式市場に置き換えれば新興系の小型銘柄を短期マネーが買い上がっているのと似ている。

<Q>国債が低金利ということはマネーの行き場所がないということを意味しているのではないか。

<A>その可能性は十分にあると思う。原油安など資源に向かっていた世界の資金が日本に目を向けて来ている可能性はある。国債等だけでなく今後は「日本株」に目を向けてくることが予想される。世界のマネーから見れば日本は政権が安定し経済再生にも目処が立ち始めているから日本に投資をしないのは、「モッタイナイ」と思っているのではないか。

<Q>どんな日本株を買ってくるか。

<A>基本的にはROEが高く、1株利益と配当が増える銘柄に尽きるだろう。こうした尺度にマッチすれば輸出関連でも内需関連でもいいわけだ。ただ、日本買いということになれば円高に振れることが予想されるため、国内の資金は徐々に円高に関連した内需関連にウェートを高めるものとみられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る