【木村隆のマーケット&銘柄観察】クミアイ化学は除草剤「ピロキサスルホン」が収益を牽引

木村隆のマーケット&銘柄観察

クミアイ化学<4996>(東1)が新値圏に浮上している。好業績見通しがポイントだが、その予想が会社側の見通しを大きく上回る可能性が強くなっている。好業績株買いの評価がもう一段スケールアップする場面が想定できる。

同社は農薬開発のパイオニアである。主力の化学品事業では殺虫剤、除草剤、殺菌剤などのほか、微生物農薬も手掛ける。業績は、水稲用除草剤などの農薬販売のピークにあたる第2四半期(2~4月)の割合が大きくなる傾向がある。

証券会社がレーティング最上位を継続、目標価格を840円から1090円に大幅に引き上げたことが人気化の手掛かり。除草剤「ピロキサスルホン」が収益を牽引している。小麦や大豆、棉、トウモロコシ、ジャガイモ、タマネギなどの多くの農作物に使われ、既存薬に比べて約10分の1の低薬量で高い効果が期待できる。農薬登録は豪州、米国、カナダ、南アフリカで取得しており、海外での販売が拡大している。

水稲用除草剤分野では、新たに登録を取得した「フェノキサスルホン剤」に加え、既存の「ピリミスルファン剤」、「トップガン剤」の拡販を進め、シェアアップを図る。園芸殺菌剤分野では、引き続き、「ファンタジスタ剤」、「ベンチアバリカルブ剤」の拡販に取り組む。

この結果、今2015年10月期の営業利益は会社側見通しの34億円を大きく上回る42億円(前期26億2900万円)に達する可能性が強くなってきた。来期も大幅増益が見こまれている。買い余地は大きい。(木村隆:日本証券新聞取締役編集局長を経て株式評論家)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る