【どう見るこの相場】29日の日経平均急落

どう見るこの相場

■1万8000円急接近で利益確定売り先行、年末特有の動き、ただ、銘柄スイッチの予兆も

<Q>29日(月)の相場は日経平均が急落したようだが。

<A>前場で96円高の1万7914円と1万8000円に接近となったことで短期マネーが利益確定売りに動いたといえる。後場、日本人のエボラ出血熱の疑いのある患者が報告されたことが売りの手掛かり材料となり、一時、前日比293円安、午前中の高値からだと389円の下げとなった。

<Q>先行き心配ないか。

<A>今日の前場高、後場安は、年末特有の動きといえるから押し目買いスタンスで心配ない。とくに、1万8000円に急接近となったことで、次は2007年の1万8300円が目処となるので利益確定売りが先行するのは当然といえるだろう。むしろ、1万8000円を前に値を固めることはいいことだ。基調的にはなんら変わっていないので業績のよい銘柄は押し目を拾って、株を枕に越年でいいだろう。

<Q>日本は土日を入れて5営業日休場となるが、この間、NYマーケットは開いているが、NYダウは心配ないか。

<A>日本市場が休みの間、NY市場は日本より2営業日間、単独で多く開くだけだから、よほど大きい材料がない限りNYダウの急落はないとみていいだろう。小幅の調整があるとすれば、NYダウの上昇ピッチの速いことに対する反省ということだろう。年末商戦も堅調で景気面からも悪化要因はなさそうだ。

<Q>しかし、今日の日経平均の200円を超える下げは何かのサインではないのか。

<A>今までの例では、こういった相場の波乱局面では、銘柄の入れ代わりに繋がっているケースはあるので売買単価の下落傾向と照らし合わせてみれば値ガサ株から中低株へ物色の流れが変わろうとしていることを表している可能性はありそうだ。とくに、為替が120円台前半で膠着となっており円安に進まなくなっていることから円安関連の輸出株から内需株にスイッチの動きともいえるのではないか。日本が休みの間、為替がどう動くか注意しておく必要はある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. 2019年相場展望 米中貿易摩擦の動向に左右される展開 2018年の東京株式市場は、欧米の長期金利の…
    3. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る