【話題】トヨタ3カ月ぶり7000円割る、1月末に大台割れなら月足が悪化

アベノミクス恩恵相場終了につながる

 マーケットの指標的存在のトヨタ自動車<7203>(東1・売買単位100株)が7日前場、166円安の6917円と遂に心理的な下値のフシである7000円を割り込んでしまった。暮れの大納会終値から僅か4営業日で実に571円の下げとなり7000円大台割れは昨年10月1日以来3カ月ぶりである。

 8月25日の中国安時のボトム6650円には、まだ267円の余裕はある。しかし、「トヨタには中国経済の減速より米国景気のほうが気になる。昨年8月には中国だけの問題で米国利上げは決定していなかった。今回は米国利上げが表面化したことが株価下押しとなっている。短期はともかく中期的にトヨタの業績下振れ有無が最大の注視材料である」(中堅証券)という。

 相変わらず個人の信用買残は多い上に、今回はプロの機関投資家に玉が残っているとみられていることから需給関係は極めてよろしくない状況のようだ。

 さらに、チャート派が気にするのは、「月足チャート」である。仮に、このままの7000円割れ株価で1月末の終値になると、「24カ月線」(現在7088円)を下回ってしまう。もしも、24カ月線を下回れば、アベノミクス始動相場の2012年11月以来となる。言い換えれば、トヨタが24カ月線を切れば、アベノミクスの中心銘柄が崩れ、アベノミクス自体がマーケットにおいて存在感を失うことにもつながる心配がある。トヨタの行方から益々、目が離せない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■フッ化水素などの周辺にも唯一無比な存在が数多い  例えば韓国への輸出規制3品目である高…
    2.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    3. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る