【今日の言葉】日経平均が昨年の中国ショック安値を切る

 『日経平均が昨年の中国ショック安値を切る』=18日(月)の日経平均は前週末のNYダウ大幅安から482円安の1万6665円と大きく下げた。これによって、昨年の中国ショック急落時安値1万6901円(9月1日=場中値)をほぼ4カ月半ぶりに下まわる安値更新となった。

 一方,NYダウは前回の中国ショック安値(8月24日=1万5370ドル)をキープしている。この違いは、日米間の足元の景気の強弱の差とみられるが、いずれにしても、日米とも中国に軍事面だけでなく経済面においても振り回されている姿である。

 昨年の下げでは、アメリカは強いアメリカ経済を誇示してみせ急反発相場としたが、今回のアメリカには政権交代が控えているうえに利上げによる景気頭打ち感が台頭している。

 とくに、政権交代接近から取れる政策は限られているようで、足元では昨年秋に1ドル・12円ていどだった為替をドル安(円高)に誘導するということだろう。むろん、ドル安・円高で困るのは日本のマーケットである。日銀がどこで動いてくるか。115円となったときか、あるいは110円となったときか。日経平均の行方は日銀の出方にかかっているようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る