【どう見るこの株】CYBERDYNEの行方

CYBERDYNE

■新興銘柄だが優良株の雰囲気を持つ人気株、現状は「夢」を買う展開、赤字無配で2000円に対する警戒感もある

<Q>CYBERDYNE<7779>(東マ・100株)を2000円乗せで買った。一気に上に行くかと思われたが、調整している。動きをどう見たらいいか。

<A>年初1月6日に2094円と昨年来高値に進んだ後に調整となっているのは、昨年10月の1320円から2カ月強で約6割上昇したことに対する反動とみられる。それに、もう1点、月足チャートでみれば2014年8月につけた上場来高値2132.5円に接近したことで利食い売りが先行したとみられる。その後の下げでは1月21日に1680円まで下げたが、10月からの上げ幅(774円)に対する半値押し(1707円)水準で底打ちして1970円前後に戻しているという流れである。

<Q>上場来高値を抜く可能性はあるか。あれば、いつころだろうか。

<A>マザーズの人気銘柄だが、全般相場と無関係に独歩高するという力はない。ただ、新興系銘柄の中ではロボット関連の有望株ということで優良株的な雰囲気を内包しているため、新興銘柄と優良株の両方の顔を持っている銘柄といえる。このため、マザーズ指数よりも日経平均との連動性が高いように思われる。従って、上場来高値を更新するには、やはり、日経平均の上伸が必要だろう。同社株の場合、週足チャートで26週線を上回った好い形となっているので日経平均が1万8000円に乗せるようなら高値更新は期待できるように思われる。

<Q>業績を評価する買いということにはならないか。

<A>それは、難しい。赤字継続で無配ということでは、利回り買いできないことだけは明白だ。あくまで、「夢」を買っている相場という位置づけだ。同社株の場合、多分、夢で終わることはないとみていいだろうが、一方で夢の段階で、500円ていどの株価ならまだしも2000円以上に買っていいのだろうかという疑問の気持ちは持っていたほうがよい。

<Q>ナンピン買いはどうだろうか。

<A>相場の動きに一喜一憂せず、同社の夢に掛ける強い信念が持てるかどうかということと、資金に余裕があるかどうかだ。その条件なら26週線近辺でのナンピン買いは有効とみられる。しかし、繰り返すが、生活資金を投じて勝負することは避けるべきだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 東証アローズ 東京証券取引所
       「巣ごもり投資家」は、防疫関連株から巣ごもり消費関連株、テレワーク関連株、新規株式公開株まで幅広く…
    2. 東京証券取引所
       DX革命では、米国と異なり巨大IT企業が存在しない日本企業の周回遅れを挽回するため、データとデジタ…
    3. 風邪 かぜ インフルエンザ マスク
      当特集は、大型連休明け後に「AC(コロナ後、After Corona)」にアクセルを踏むためのキー・…
    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る