【株式評論家の視点】ツバキ・ナカシマは昨年12月16日に上場、15年12月期は営業利益34.1%増益へ

株式評論家の視点

■今期も増益見通しでPER割安

 ツバキ・ナカシマ<6464>(東1)は、昨年12月16日に東京証券取引所市場第一部に約8年7か月ぶりに再上場した。球軸受用鋼球、セラミック球、超硬合金球、ガラスボール、プラスチック球、カーボン鋼球などの各種産業用精密ボール、ボールねじ及び遠心送風機等のリニア製品の製造販売を行っている。既存市場のドミナンスと新市場の創出による売上高成長、コスト競争力のさらなる追求、キャッシュフロー創出力のさらなる向上という新成長戦略の実施により、中期的にエンドマーケット成長を上回る売上成長を目指している。

 前2015年12月期第3四半期業績実績は、売上高が297億9700万円(前年同期比11.6%増)、営業利益が56億9400万円(同45.1%増)、経常利益が51億4900万円(同5.0%増)、純利益が38億1200万円(同20.8%増)に着地。

 前2015年12月期業績予想は、売上高が390億円(前期比8.2%増)、営業利益が70億円(同34.1%増)、経常利益が63億円(同2.0%減)、純利益が46億円(同19.7%増)を見込んでいる。年間配当は33円を予定している。

 株価は、昨年12月22日に上場来の高値1804円と買われた後、本年1月29日に上場来の安値1530円と調整。12月期決算期越えに伴う売りが出ているため、公開価格の1550円を割り込む場面で下値もみ合いとなっている。主幹事である野村證券は、1月18日に投資判断を新規「バイ」、目標株価を1930円としている。同證券では、前15年12月期営業最高益更新、欧州ベアリングメーカーへのシェア拡大やセラミックやガラスボールの新商品拡販が続き、16年12月期も営業最高益更新を観測しており、今月15日に予定される本決算の発表に対する期待感はある。前期会社予想PER13倍台と割安感はあり、配当利回り2.1%と利回り妙味もソコソコある。ここからの押し目場面はリバウンド狙いで、待ち伏せ買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■9月29日(水)からセブン‐イレブン店舗で取り扱い開始  セブン&アイ・ホールディングス<…
    2. ■新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」  ミクシィ<2121>(東1)は、202…
    3. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る