【チャート診断】清水建設は2012年から5.5倍上昇の調整中、「中間値」手前で下げ止まり出直り体制徐々に整う

清水建設 1803

■円高局面で動く習性

 清水建設<1803>(東1・1000株)は昨年8月高値(1237円)のあと調整が続いている。長期の足取りでみれば、2012年11月の223円から15年8月の1014円(上昇率5.5倍)までの上げに対し、3分の1押し水準(899円)をやや上回る817円(今年1月21日)まで調整した。高値と安値の中間値(730円)までは下げていないため押し目買いの基調にあるとみてよいだろう。

 同社株は比較的、円高局面で動いていることが多い。昨年夏時点でも円相場が125円台から118円台まで円高が進んだときだった。足元で、円高傾向が強まっていることから徐々に注目度を強めそうだ。

 第3四半期では営業利益が前年同期比2.1倍の670億8600万円と好調で進捗率も約83%に達している。今3月期の営業利益61.9%増の810億円達成は確実視される。EPS68.8円、配当年10円(前期年8円)の見通し。

 労務費、資材費の上昇はあるが、受注好調から次期も増収増益が予想される。四季報では次期のEPSを70.7円、配当年12円と予想しており、5月中旬に発表の決算で見直される可能性はありそうだ。とくに、輸出型銘柄は17年3月期見通しが芳しくないだけに、その時点で明暗が鮮明となれば同社株への注目度は高まりそうだ。

 短期的には輸出関連銘柄のリバウンドが中心とみられるが、徐々に次期業績を注目する展開が予想される。850円前後は中期で注目だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 東証アローズ 東京証券取引所
       「巣ごもり投資家」は、防疫関連株から巣ごもり消費関連株、テレワーク関連株、新規株式公開株まで幅広く…
    2. 東京証券取引所
       DX革命では、米国と異なり巨大IT企業が存在しない日本企業の周回遅れを挽回するため、データとデジタ…
    3. 風邪 かぜ インフルエンザ マスク
      当特集は、大型連休明け後に「AC(コロナ後、After Corona)」にアクセルを踏むためのキー・…
    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る