【株式評論家の視点】マイネットはスマホゲーム運用の有力企業、今期は売上・利益とも2倍伸長

株式評論家の視点

 マイネット<3928>(東マ)は、昨年12月21日に東京証券取引所マザーズ市場に上場。買収・提携により開拓したゲームタイトルを、卓越した運営力で成長発展させるスマートフォンゲームセカンダリ市場のトップランナー。国内最大級の相互送客ネットワーク、キャラクターIPの創出、データ分析成果の蓄積を強みとして、現在18タイトルのスマートフォンゲームを運営している。

 ゲームタイトルの企画・開発・運営を総合的に引き受けし、パブリッシャーの人員の再配置や収益確定・安定化を実現する運営グロースサービスを提供している。マイネットが培ってきたスマートフォンゲーム運営のノウハウや集客力を活かし、多数の大手パブリッシャーより、ゲームタイトルの買取・運営移管実績がある。

 昨年9月にはビジュアルキャラクターゲームを運営するゲーム事業者に向けて同社が提供している相互送客ネットワークである「CroPro(クロプロ)」のサービスを正式にリリース。相互送客ネットワークとしては日本最大級で、同12月末現在、参加ゲーム事業者は67社となっている。

 前2015年12月期業績実績は、売上高が29億6400万円(前の期は9億9300万円)、営業利益が1億4500万円(同200万円)、経常利益が1億3100万円(同0万円)、純利益が9500万円(同100万円)に着地。

 今16年12月業績予想は、売上高が60億円(前期比2.0倍)、営業利益が3億円(同2.1倍)、経常利益が2億9000万円(同2.2倍)、純利益が2億円(同2.1倍)と大幅増益の続伸を見込んでいる。

 株価は、昨年12月21日に公開価格1680円を19.3%上回る2005円で初値をつけ、同25日高値3230円と買われた後、
1月21日に上場来の安値1220円まで調整を挟んで2月1日高値1845円と上昇。同10日安値1462円と売り直され下値確認から同18日に3985円と連日の上場来高値と買い進まれている。独自の集客基盤である「CroPro(クロプロ)」によりリビルド後タイトルの利益最大化を図れる仕組みを持つことが同社のセカンダリ市場における大きな強みとなっており、トップランナーとして高い成長が続く見通し。1500円割れを下値として固めて上昇していることから、公募株の売りを吸収し需給は好転しており、一段と上昇基調を強める可能性はありそうだ。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. 東証アローズ 東京証券取引所
       「巣ごもり投資家」は、防疫関連株から巣ごもり消費関連株、テレワーク関連株、新規株式公開株まで幅広く…
    2. 東京証券取引所
       DX革命では、米国と異なり巨大IT企業が存在しない日本企業の周回遅れを挽回するため、データとデジタ…
    3. 風邪 かぜ インフルエンザ マスク
      当特集は、大型連休明け後に「AC(コロナ後、After Corona)」にアクセルを踏むためのキー・…
    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る