貿易赤字で輸出比率高い銘柄避ける展開が強まりそうだ、短期売買も難しい相場=犬丸正寛の相場展望

犬丸正寛

 日々の売買で生計を立てている知人に最近の相場について聞いたところ、短期売買も稼ぎ難くなっているという。某氏がいうには、「その日に買ってその日に売るのが基本だが、最近は、安い値段でうまく買えたとしても、たとえばトイレに行くなどちょっと目をはなしたら大きく下げている。最近の相場に持続力がなくなっている。短期売買は非常に難しくなっている」と話してくれた。

 ましてや、3カ月~6カ月の中期投資では、短期売買以上に難しくなっているようだ。3カ月前、6カ月前の株価に比べると値下がりしているケースが目立つ。いわゆる安値更新型の流れとなっている。

 そうした中でNYダウは昨年8月、9月、今年1月、そして2月と、いずれも1万5500ドル前後が下値となっていることが下値に対する安心感となっている。一方、日経平均は昨年夏安値、今年1月安値を下回り2月12日には1万4865円(場中値)と2014年10月以来の1万5000円割れに沈んでいる。

 こうした日米株価の違いは、景気(GDP)の強弱の差ということだろう。金利引き上げが可能なほど堅調な米国景気に対し、日本のGDPはマイナス(10~12月)転落、さらに、今年1月の貿易赤字で続く1~3月のGDPにも黄色信号が点滅している。外国人投資家が日本株を売り越しているのも当然とだろう。

 日銀はマイナス金利でバブル型形勢によって景気の上向きを狙っているが、果たして、どこまで景気が熱くなるか。この点が中期的な相場の視点となりそうだ。

 ただ、先の日経平均1万5000円割れではPERが12倍台となるなど底打ちしているとみられる。中期的相場強気の目安となる26週線(1万8253円)を上抜いて上値を伸ばすことができるかどうかは疑問だが、少なくとも、今年5月頃のGDPと決算発表までは1万5000~1万8000円の往来相場のようにみられる。このモミ合いにおいて2017年3月期を織込み、5月の発表では決算悪出尽くしにもっていけるかどうかがポイントとなりそうだ。いずれにしても、貿易赤字発表から輸出関連株を避ける展開は予想されそうだ。(執筆者:犬丸正寛 株式評論家・日本インタビュ新聞社代表)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1.  Lib Work<1431>(東証グロース)は6月17日、安心計画社と共同開発したAIを活用した…
    2. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    3.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    2022年8月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る