【編集長の視点】中本パックはもみ合いも公開価格水準で底固く下値には超割安直近IPO株買いが継続

編集長の視点

 中本パックス<7811>(東2)は、9円高の1434円と反発して始まったあと、10円安と下ぶれるなど前日終値水準を挟んでもみ合っている。同社株は、今年3月3日に公開価格1470円で新規株式公開(IPO)されたばかりで、きょう19日に1日に6社が同時上場されるIPOラッシュとなり、週末からの3連休を控え、さらに円高・ドル安の進行で日経平均株価が、220円安と4日続落してスタートしていることなどが響いて同社株にも売り買いが交錯している。ただ下値には、IPO株としては人気薄の東証第2部上場でIPO人気は限定的となったが、同社の株価が、PER7倍台と超割安に放置され、すでに配当権利落ちとなっているが、配当も62.5円と高水準であり、公開価格近辺で底固いことなどを見直し直近IPO株買いは継続している。業態そのものは、オールド・エコノミーに属するが、主力のフィルム製品で、食品向けのほかスマートフォン用、医療用などにハイテク・バイオ産業向けに多角展開していることも評価されている。

■スマホ用遮光フィルムや湿布用離型フィルムも展開し配当も62.5円と高水準

 同社は、前期実績で売り上げの約65%を占める食品向けパッケージのグラビア印刷を中心に、同約14%のIT・工業材関連事業、同4%の医療・医薬関連事業などの事業を幅広く展開している。食品向けでは乳製品のシュリンクフィルムやコンビニエンスストア向け弁当・おにぎり容器用フィルムなどをグラビア印刷加工し、IT・工業材事業では、スマートフォン向け遮光フィルム、リチウムイオン電池のコーティング加工、自動車向けの天井・内装部材、医療・医薬関連事業では、湿布用離型フィルムなどを製造・販売している。

 目下集計中の2016年2月期業績は、売り上げ303億円(前期比3.4%減)、営業利益10億8100万円(同9.6%増)、経常利益11億2000万円(同3.8%減)、純利益6億7500万円(同13.1%増)と予想されている。売り上げと経常利益は、食品関連での冷夏・暖冬などの異常気象や、原油価格下落に伴う顧客企業の値下げ要請、為替変動に対応した為替差損計上などで伸び悩むが、純利益は、配送センターの一部売却による資産売却益が寄与して増益となる。配当も、62.5円と高水準を予定している。

■「小さく産んで大きく育てる」IPO株の投資鉄則実践の絶好のチャンスを示唆

 株価は、公開価格を10円上回る1480円で初値をつけ上場来高値1501円へ上ぶれたが、その後は1400円台下位での小動きを続けてきた。上場所属市場が、IPO株として人気薄の東証第2部となったことが響いているが、この人気薄は、IPO投資の鉄則の「小さく産んで大きく育てる」を実践する絶好のチャンスとなる。上場来高値抜けから高値トライが有望となる。(本紙編集長・浅妻昭治)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■9月29日(水)からセブン‐イレブン店舗で取り扱い開始  セブン&アイ・ホールディングス<…
    2. ■新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」  ミクシィ<2121>(東1)は、202…
    3. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る