【編集長の視点】アカツキは連日の上場来高値、大幅増益業績を見直して直近IPO株買いが増勢

編集長の視点

 アカツキ<3932>(東マ)は、222円高の2345円と3日続伸して始まり、前日23日取引時間中につけた上場来高値2343円を連日で更新している。同社株は、今年3月17日に公開価格1930円で新規株式公開(IPO)され、資金吸収額が73億円強とやや規模が大きく、3月中旬以降のIPOラッシュも響いて公開価格を下回る1775円で初値をつけ、その後1935円と公開価格にタッチしたものの、上場来安値1506円まで売られた。ただこの最安値からは、同社の今3月期営業利益が、前期比3.3倍と高成長予想にあることを見直し、直近IPO株買いが再燃した。きょう24日は、日経平均株価が、148円安と続落してスタートしていることから上値のシコリがなく、値動きの軽快さを手掛かりに買い増勢となっている。

■「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」は3000万件超のダウンロードとヒット

 同社の今3月期業績は、売り上げ55億7900万円(前期比28.4%増)、営業利益19億3500万円(同3.35倍)、経常利益16億2800万円(同2.74倍)、純利益8億6100万円(同2.33倍)と予想されている。同社は、スマートフォン向けのソーシャルゲームを開発・運営し、今期は自社開発のオリジナルタイトルと共同開発のIPタイトル合計で7本のタイトルを展開している。このうち上位3タイトルの売り上げで全売り上げの88.9%を占めており、この上位タイトルを子会社で自社ローカライズして、短期間に海外事業として立ち上げ、欧米、アジアでヒットしていることが要因となっている。

 なかでもバンダイナムコエンターテインメントと共同開発した「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」は、国内売り上げランキングで1位となったほか、海外でもヒットして国内外累計のダウンロード数は、3000万件を超えている。またオリジナルタイトルの「シンデレライレブン」は、スポーツジャンルのランキングで6位、「サウンドメモリーズ」は売り上げランキングで10位となっており、市場ニーズをタイムリーに捉え、高い技術力で圧倒的なスピードで開発し、国内の成功を海外に水平展開するビジネスモデルが、2010年の設立以来初年度から黒字を計上、高成長を続ける要因となっている。

■「小さく産んで大きく育てる」通りのセカンダリー推移で上値チャレンジに弾み

 株価は、1935円高値から上場来安値1506円までの下げたあと、セカンダリーでは急反発、最高値追いとなり、IPO株の投資セオリーの「小さく産んで大きく育てる」通りの株価推移となっている。全般相場が、上値が重く薄商いとなっているなか、直近IPO株買いをさらに強め上値チャレンジに弾みをつけよう。(本紙編集長・浅妻昭治)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■9月29日(水)からセブン‐イレブン店舗で取り扱い開始  セブン&アイ・ホールディングス<…
    2. ■新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」  ミクシィ<2121>(東1)は、202…
    3. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る