【株式評論家の視点】京写は新中期計画に期待、世界トップの片面プリント配線板で飛躍、株価は割安

株式評論家の視点

 京写<6837>(JQS)は、1959年に京友禅の捺染用スクリーン型の製造・販売会社として発足。その技術を活かして1967年にプリント配線板の製造開発に着手、以来今日まで着実に成長を続け、世界一の片面プリント配線板メーカーとして年間540万m2の生産能力を誇っている。2016年3月期に売上高200億円、営業利益率6.0%、ROA(総資産利益率)6.0%目標を目指している。2014年3月期からの3年間は飛躍の準備期間と位置づけ、その目標を達成するための戦略として、環境対応戦略、ボリュームゾーン戦略、グローバル戦略、収益力強化戦略、新規事業戦略の5つを掲げ、事業基盤の強化を図っている。

 16年3月期第3四半期業績実績は、売上高が144億7000万円(前年期比10.1%増)、営業利益が4億7500万円(同34.5%増)、経常利益が4億7900万円(同36.2%減)、純利益が4億8600万円(同13.3%減)に着地。

 通期業績予想は、売上高が190億円(前期比7.5%増)、営業利益が7億円(同23.6%減)、経常利益が7億円(同25.1%減)、純利益が5億8000万円(同15.4%減)を見込む。年間配当は期末一括8円継続を予定している。

 中国経済減速の影響等から、プリント配線板事業は内製の家電製品分野を中心に売上は伸び悩んでいるが、自動車関連分野が引き続き好調に推移し、増収は確保できる見通しで、通期業績予想は計画に沿った数字が見込まれる。

 株価は、1月4日の年初来高値401円から2月12日に年初来の安値235円まで調整を挟んで3月24日高値389円と上昇。上げ一服でモミ合っている。新中期経営計画が打ち出される予定で、2017年3月期回復、増配含みと観測されている。PBR0.71倍と割り負け、今月末に予定される本決算を前に下押す場面があれば、中長期的な視点から、買い妙味は膨らみそうだ。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1.  Lib Work<1431>(東証グロース)は6月17日、安心計画社と共同開発したAIを活用した…
    2. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    3.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    2022年8月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る