『花より団子相場』、低金利で注目される高配当利回り銘柄

花より団子相場
 低金利が一段と進んでいることから、配当利回りの好い銘柄が注目されている。キャピタルゲイン狙いが難しくなっているだけに機関投資家だけでなく個人投資家もインカムゲイン狙いで高配当銘柄への関心を強めている。

アベノミクス第1章で2013年の日経平均は約57%上昇したのに対し、アベノミクス第2章での2014年は約7%にとどまった。さらに、足元では昨年12月8日の1万8030円を高値に1カ月超、もたつく展開となっている。こうした日経平均の動きからもキャピタルゲイン(値上益)狙いが難しくなっている。しかも、個人の短期マネーに人気のマザーズ銘柄など新興系マーケットは日経平均以上に芳しくない。

『アベノミクス第3章の成長戦略が効果を現し、GDPが上昇に転じるまでは値上り益狙いは難しいだろう』(中堅証券)との見方となっている。

そこで、値上益に代わって注目され始めているのが、配当狙いである。9日(金)の10年国債利回りは0.275%と過去最低水準に落ち込んでいる。仮に、年利0.275%で預金したとすれば年間に受け取る利息は2750円。これに対し東証1部全銘柄の平均配当利回りは1.55%あり、同じように100万円投資したとすれば年間で1万5500円を手にすることができる。

個々の銘柄でチエックすれば利回り3~4%の銘柄は多い。

しかも、GDPは昨年4~6月と7~9月に2期間連続のナイナスだったが、東証1部上場企業の業績は好調である。つまり、株価に対する下値抵抗力がある。配当を狙うには絶好の投資環境といえる。

2014年に続いて2015年のNISAも始まっている。個人の株投資への関心は徐々に高まっていることから今年は配当取りの買いが膨らむものとみられる。

値上り益狙いを『花』とすれば、配当狙いは『団子』ということで、今年は『花より団子相場』が期待されそうだ。

配当

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■メディカル・データ・ビジョンとテクマトリックス、セカンドオピニオンの手間削減  メディカ…
    2. ■ハウステンボスがフロントシステムに導入  アスカネット<2438>(東マ)は国内最大級の…
    3. ■今年の発症者は8月6日までに統計開始後最大になり猛威と伝えられる  農薬専業のアグロ カ…
    2018年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    IRインタビュー 一覧

    協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く JPホールディングスの荻田和宏社長に経営への取組みを聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 翻訳センターの東郁男社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨシムラ・フード・ホールディングスの吉村元久社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く セキドの関戸正実社長に現況を聞く アルコニックスの正木英逸社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く トレックス・セミコンダクターの藤阪知之社長に聞く イーグランドの代表取締役社長江口久氏に聞く ミロク情報サービスの是枝周樹社長に聞く 日本マニュファクチャリングサービスの小野文明社長に聞く 日本エム・ディ・エムの大川正男社長に聞く 建設技術研究所の村田和夫社長に聞く 東京個別指導学院の的場一成社長に聞く ビューティガレージの野村秀輝社長に聞く サンコーテクノの洞下英人社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る