【銘柄紹介】コラボスは上場1年経過、クラウド型コールセンターシステムの第一人者、株価妙味膨らむ

銘柄紹介

 コラボス<3908>(東マ・100株)は、昨年3月17日に東京証券取引所マザーズに上場。国内におけるクラウド型コールセンターシステムのパイオニアで、お客様相談室や製品問い合わせセンター等のコールセンターで利用されるシステムを、顧客が手軽に利用できるよう、クラウドサービスという形態で提供しているほか、コールセンター立ち上げの提案から構築、運用までトータルでサポートしている。信頼と実績の国内シェアNo.1、導入実績は580社以上となっている。

 前2016年3月期第3四半期業績実績は、売上高が11億9700万円(前年同期比10.8%増)、営業利益が1億9400万円(同19.9%増)、経常利益が1億9400万円(同20.2%増)、純利益が1億2800万円(同25.7%増)に着地。

 前16年3月期業績予想は、売上高が16億3000万円(前の期比10.0%増)、営業利益が2億2000万円(同6.9%増)、経常利益が2億1500万円(同22.4%増)、純利益が1億3700万円(同28.0%増)を見込む。

 主力商品である@nyplace(IPネットワークを利用した電話交換機機能をクラウドで提供するインバウンド向けのサービス)を中心に売上高は順調に推移しており、COLLABOS PHONE(インターネット環境を利用したソフトフォンをベースとした電話交換機機能をクラウドで提供するサービス)やCOLLABOS CRM(コールセンター業務に特化したインバウンド向け顧客管理システムをクラウドで提供するサービス)、COLLABOS CRM Outbound Edition(コールセンター業務に特化したアウトバウンド向け顧客管理システムをクラウドで提供するサービス)等のユーザビリティの高い商品もそれぞれ順調に推移しており、前16年3月期業績予想は上ブレする可能性が高い。

 株価は、昨年7月31日につけた上場来の高値10290円から本年2月12日に上場来の安値2713円まで調整を挟んで4月20日高値4850円と上昇している。同社は、海外におけるクラウドサービス市場の拡大を見据え、第一ステップとして、フィリピン共和国において事業展開を開始。今後海外での事業展開を加速させ、事業を拡大させる。来17年3月期連続最高益更新が観測されており、5月6日に予定される3月期本決算の発表に期待は持てる。目先4500円割れが下値として意識された感があり、押し目買い妙味が膨らみそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る