CRI・ミドルウェアは従来の音声・動画技術に加え、新たに触覚技術(ハプティック)に対応

■ゲーム開発者に、オーディオ、ビデオ、触覚技術を集約したソリューションを提供

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は、ゲーム開発向けミドルウェアCRIWARE(R)において、従来の音声・動画技術に加え、新たに触覚技術(ハプティック)に対応する。

 第一歩として、触覚技術の開発・提供で世界をリードする米国のイマ―ジョンとの技術提携を発表する。当社とイマ―ジョンは、この技術提携を通じて、ゲーム開発者に、オーディオ、ビデオ、触覚技術を集約したソリューションを提供することで、聴覚・視覚・触覚すべての効果を使った、新たなゲーム演出の創造をサポートする。

cri12.jpg

 イマ―ジョンが開発・提供するタッチセンスゲームソフトウェア開発キットは、アプリケーションソフトにおいて、120種類以上の触覚効果を可能にする技術。現在はAndroidスマートフォンに対応しており、衝突や爆発、エンジンの振動などから、叩く、触れる、擦れる、上昇感・下降感といった感覚まで、触覚に訴える様々な効果を、多種多様な振動パターンによって実現する。この触覚技術は、VR技術と組み合わせることで、よりリアルなバーチャル体験を可能とする。

 CRIWAREにタッチセンステクノロジーを組入れることで、スマートフォンゲーム開発者は、ゲーム演出に必要なオーディオ、ビデオに加えて、タッチセンステクノロジーのバリエーション豊かな触覚効果を、CRIWAREのツールを使って容易にデザインし、ゲームに組み込めるようになる。製品の提供は2016年夏頃を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る