【話題株】札幌上場の健康コーポが筋肉体型の「ライザップ」に社名変更し東証上場の観測も取り沙汰されて思惑強める

 例の筋肉体型のテレビCMで知られるトレーニングジム「RIZAP」(ライザップ)などの持株会社・健康コーポレーション<2928>(札幌アンビシャス・売買単位100株)は16日の取引終了後、2016年3月期の決算発表とともに「RIZAPグループ」への商号変更(7月)、新株予約権の発行残存分の全部消却、光通信<9435>(東1)の子会社で超富裕層向けの医療・美容などに関する予約・送客サイト運営企業への出資、などを発表した。

 株式市場では、以前から同社の東証上場の観測も取り沙汰されており、思惑や期待が膨らむ可能性が言われている。新株予約権の消却は需給改善要因になる。

 16年3月期の業績は驚くような大幅増益となり、連結売上高は前期比42%増の554.5億円、営業利益は同2.4倍の50.7億円、純利益は同51%増の24.7億円。「既存事業ではパーソナルトレーニングジム「RIZAP」を中心とした美容・美容関連事業が業績の牽引役となり」「売上高はRIZAP株式会社が大幅に成長し、前年対比ほぼ2倍」(決算短信から抜粋)となった。

 今期・17年3月期の予想は、IFRS(国際財務報告基準)を任意適用するため前期との増減率を表記しなかったが、売上高に相当する売り上げ収益は1000億円(前期実績との単純比較では80.3%増加)、営業利益は101.5億円(同じく2.0倍)、親会社の所有者に帰属する当期利益は60億円(同じく2.4倍)、1株利益は47.08円とした。

 株価は16日の終値が697円(23円安)。この6ヵ月近くは、16年2月に一時560円まで下押した局面を除けば、おおむね650円前後から720円前後のゾーンでモミ合う展開が続いている。こうしたモミ合いを抜け出すにはエネルギーが必要との見方があるが、その分、抜け出せば大きな相場が待っているか猛省があるようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る