【銘柄フラッシュ】トレイダーズHDが急伸しノーリツ鋼機は大変身が見直されストップ高

銘柄

 23日は、東証1部の値上がり率トップがノーリツ鋼機<7744>(東1)の20.4%ストップ高となり、子会社・日本再生医療の世界初となる小児先天性心疾患を対象とした心臓内幹細胞の企業治験などに期待が強まり連日急伸。ひと昔前は銀塩フィルムの全自動DPE写真プリント機メーカーだっただけに、変身ぶりが改めて見直されて2013年5月以来の高値に進んだ。
 
 2位は日本アジア投資<8518>(東1)の17.5%高となり、政府が日本企業の国際競争力強化に向けて円借款の手続きを3分の1以下にするとの前週の報道などが引き続き好感されて大幅続伸。3位は新日本科学<2395>(東1)の11.1%高となり、ファイザー社とのロイヤリティ契約などの材料が再燃とされて急伸した。

 東和薬品<4553>(東1)は直接的な円高の影響を受けにくい銘柄として見直され、野村證券が目標株価を5100円から5900円に引き上げたとされて8.5%高。サイオステクノロジー<3744>(東2)はクラウド環境に特化した新インテグレーションサービス発表などが期待を呼びストップ高の16.3%高。ぷらっとホーム<6836>(東2)は屋内外の位置測位が可能なIoTソリューションパッケージが連日好感されて3日連続ストップ高の14.4%高。アライドテレシスホールディングス<6835>(東2)は製品連携によるネットワークセキュリティの強化ソリューションの提供などが好感されて13.3%高の急伸。

 ユナイテッド<2497>(東マ)はスマートフォンゲームの協業などが材料視されてストップ高の26.1%高と急伸し、エクストリーム<6033>(東マ)は今3月期の売上高が前期比43%増を見込むなどの好業績が見直され3日連続ストップ高の22.4%高。

 トレイダーズホールディングス<8724>(JQS)は生体認証を利用したログイン管理サービスなどが材料視されてストップ高の27.3%高。日本ラッド<4736>(JQS)は前期の黒字転換や今期の増益予想などが蒸し返されたとされて18.8%高となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2.  ホンダ<7267>(東1)の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バーク…
    3. ■バッテリー駆動時間が驚くほど飛躍的に向上  Appleは9月14日(米国時間)、iPhon…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る