【話題】首相の解散は直前までウソをついても許される?!消費増税の延期を巡り選挙関連株に注目する動き

 消費税の増税延期の観測を巡り、衆参同時選挙の可能性が取り沙汰されている。30日は、安倍首相が午後に公明党の山口代表に2年半の延期を正式に伝えたと報道された。

 これに対し、麻生財務相や自民党の谷垣幹事長、稲田政調会長は前回選挙との整合性から再度、衆議院選を行って国民に信を問うべきとの意見と伝えられている。また、30日夕方には、野党4党首が内閣不信任案を31日に提出することで合意と伝えられた。

 株式市場には、「首相の解散と日銀総裁の金融政策は直前までウソをついても許される」との見方があるようで、衆議院の解散による突然の選挙も株価材料。政界の動向をにらみながら、7月の参議院選挙に衆議院選挙が重なるケースを想定して選挙関連株に注目する動きがある。東京都知事選も100%ないとは言いきれないとの見方もある。

 選挙関連株としてすぐイメージされるのは、投票用紙の分類計数システムで知られるムサシ<7521>(JQS)、選挙や国政調査の時期に需要増加の期待が強まるイムラ封筒<3955>(東2)やグローリー<6457>(東1)、地図のゼンリン<9474>(東1)、昭文社<9475>(東1)。また、選挙公報や世論調査などに関連する博報堂DYホールディングス<2433>(東1)やアサツーDK<9747>(東1)、ネット選挙関連株としてGMOリサーチ<3695>(東1)やパイプドホールディングス<3919>(東1)、エイジア<2352>(東マ)などが挙げられている。

 ほかにも共同PR(2436)、プラップジャパン(2449)、アスクル(2678)、インテージホールディングス(4326)、りらいあコミュニケーションズ(4708)、楽天(4755)、TOW(4767)、デジタルガレージ(4819)、イー・ガーディアン(6050)、セレスポ(9625)などが関連株として注目されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る