【中期経営計画でみる株価】アルコニックスが大変身、商社機能に製造業強化で収益急向上、株価も割安返上へ

中期経営計画と株価

 アルコニックス<3036>(東1・100株)は、非鉄金属の商社から製造業を融合した、『非鉄金属の総合企業』へイメージチェンジする。株価は好業績・指標割安だが、大手商社株の不振に引っ張られて割安に放置されている。今後、製造分野強化のイメチェンで見直されてくるものとみられる。

 去る、5月13日に、『商社機能と製造業を融合した非鉄金属の総合企業』を目指し、2019年3月期を最終年とする中期経営計画を策定した。内容をひとことで言うなら、製造業へのM&Aと投資によって製造業分野の収益比率を高めるということだ。得意とするアルミ・銅などの非鉄金属、レアメタルを専門に扱う商社機能をいっそう強化し、これにM&Aでメーカー機能を加え収益構造を強化する。

 今後、3年間でM&A中心に200億円の投資を行い、2019年3月期の『経常利益65億円、純益46億円、ROE13~15%』を計画している。

 この数字は、17年3月期予想の経常利益44億円、純益31億円に比べ経常利益で47.7%増益、純益で48.3%増益となる。19年3月期の予想EPSは公表されていないが、今3月期予想の240.7円に対し300円台以上となることが予想される。配当は16年3月期に4円増配して年44円としたが、19年には恐らく年48~50円が見込めそうだ。

 株価は昨年6月に高値2198円、その後の安値が今年2月の1050円、高値と安値の中間値は1624円で足元では1550円前後にある。とくに、今期予想の配当とEPSに対し利回りが2.8%、PERは6.4倍と割安顕著だ。

 今後、メーカーとしての評価と19年3月期の好見通しが加わることで株価は大きく居所を変えてくる可能性がある。とくに、足元では原油相場が50ドル台に乗せてきたことも刺激となるだろう。中間値近辺は中期で好仕込み場だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年5月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る