クリナップ:梅雨時、「クリンパッキン」が大活躍

■アクリアバス~掃除を軽減し、キレイナ浴室保つ

 浴室とカビに関する調査(2015年、インターワイヤード調べ)によると、カビが気になる場所の上位は、(1)目地(48.1%)、(2)ゴムパッキン(46.5%)、(3)壁〈33.4%〉であるが、ドア(25.9%)や排水溝(16.1%)等のカビも気になるところだ。
 さらに、この調査では、根絶が難しいカビとの戦いでの多くの失敗談も掲載しており「カビ漂白剤をまきすぎてニオイがきつくて大変だった」。こすりすぎや強力な薬剤によるパッキン等の「破損」や、壁の塗装・防水加工が「剥げてしまった」など、浴室の手入れとカビ対策に悩まされている。

 クリナップ<7955>(東1)のが2月1日に発売した、システムバスルーム「アクリアバス」は、梅雨時期のカビの発生を軽減し、手入れが簡単な商品として好評を博している。
 この「アクリアバス」には、調査にみられる手入れを軽減するためのアイテム「クリンパッキン」、「お手入れ簡単ドア」、「クリンヘアキャッチャー」が標準搭載され、清掃性を高めているところが好評のポイントのようだ。
 特に浴室全体のつなぎ目に使われている、「クリンパッキン」は従来の柔らかいコーキング材と異なり、やや硬質な樹脂製でカビの根(菌糸)が入り込みにくいので漂白剤などの強い薬剤を使う必要がなく、また、壁は凹凸のない平滑な鏡面仕上げが汚れにくくしており、一拭きで掃除できるのが特長である。

■アクリアバスの特徴を紹介

 全国102か所のショールームやホームページでアクリアバスを紹介しているが、同社ホームページでは、人気コンテンツ「ぴかぴか大掃除計画」で、以下のような「お風呂掃除のコツ」を特集している。

k11.jpg
システムバスルーム「アクリアバス」

 

k12.jpg
従来のコーキング材と異なり やや硬質の樹脂製クリンパッキン

 

k13.jpg

 カビの根(菌糸)が入り込みにくい樹脂製の目地材で(※1)、浴室全体のつなぎ目に採用している。手入れが楽になりカビも防げる効果があり、もしカビが生えても掃除しやすくキレイな浴室が保てる。

「お手入れ簡単ドア」
 細かな隙間にカビや汚れがたまりやすいドアの換気口を、取り外して丸ごと洗うことができまる。カビやすいドアパッキンも浴室側のパッキンを内側に収めることでカビがつきにくく、ドア表面の段差が少ないので手入れが簡単。

k14.jpg

「クリンヘアキャッチャー」
 髪の毛やぬめり・カビなどで悩まされる排水溝のヘアキャッチャーはステンレス製で、セラミック系特殊コーティング「美コート」を採用。汚れを浮かして、サッと流せるので水アカや皮脂などのしつこい汚れも簡単におちる。また髪の毛が絡まりにくい形状で、溜まった毛もヘアキャッチャーの取っ手を持って簡単に落とせるのも魅力。

k15.jpg

■「浴室掃除とカビに関するアンケ

k16.jpg

ご参考:
■クリナップショールーム:http://cleanup.jp/showroom/
■ぴかぴか大掃除計画:http://cleanup.jp/osouji/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    2. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    3. クリナップ<7955>(東1)は、3月5日から3月8日まで東京ビッグサイトで開催された「建築・建材…
    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る