【編集長の視点】アーキテクツSJは商い出来ずも黒字転換業績を手掛かりに下値には下げ過ぎ訂正買いが続く

編集長の視点

 アーキテクツ・スタジオ・ジャパン<アーキテクツSJ、6085>(東マ)は9時30分現在、まだ気配値だけで商いが成立していない。きょう22日の日経平均株価が、109円安と4営業日ぶりにスタートして方向感が定まらないことから、同社株にも様子見の動きとなっている。

 ただ下値には、今年5月12日に発表した今3月期業績が、黒字転換と予想されていることを見直し、2013年12月18日の新規株式公開(IPO)時の公開価格2050円を下回っているのは下げ過ぎとしてリバウンド期待の買い物が続いている。7月9日には、著名建築家の安藤忠雄氏を講師に今年4月にオープンした「ASJ TOKYO CELL」で「住まいから夢を」をテーマにASJアカデミー会員に限定して「ASJテアトロ(劇場)」を開催することも、会員増につながる業績押し上げ材料として先取りされている。

■業績の先行指標のアカデミー会員の新規入会は今期も続伸し7370名へ

 今3月期業績は、売り上げ15億2800万円(前期比19.4%増)、営業利益1500万円(前期は9000万円の赤字)、経常利益1500万円(同9000万円の赤字)、純利益900万円(同1億2100万円の赤字)と売り上げは2ケタの増収転換、利益は黒字転換が予想されている。同社は、建築家と建築会社を結び付け建設計画に登録建築家を活用するASJ建築家ネットワーク事業を展開しており、同事業で家つくりを希望するASJアカデミーの今期会員は、新規入会を104名増の7370名、期末の有効会員数を4544名増の4万名、期末の登録建築家数を180名増の2893名と計画、前期に落ち込んだ家づくりの第一段階のプランニングコースの新規件数が198件増の1395件、建築設計・監理業務委託契約が、5件増の503件、建設工事請負契約が、件数で42件増の468件、金額で約10%増165億9000万円と見込んでいることなどが寄与する。

 このうちアカデミー会員は、前期にWEB媒体による会員獲得が1366名と大きく寄与したが、これに加えて今年4月に東京・有楽町に路面店として「ASJ TOKYO CELL」を新規オープンし、大阪・梅田、神奈川・横浜の既存CELLとの相乗効果により会員に高付加価値なライフスタイルを提案、7月9日の安藤忠雄氏の講演会は、6月25日に続いて2回目となる。アカデミー会員の獲得が、同社業績の先行指標となっているだけに業績期待をいっそう高めることになる。

■25日線水準固めに煮詰まり感を強め急騰特性の再現期待を増幅

 株価は、2013年12月の新規株式公開(IPO)時に公開価格2050円に対して4600円で初値をつけ即ストップ高し、さらにストップ高を交えて上場来高値で5390円まで買い進まれる高人気となった。その後は、強弱感が対立する値動きが続き、昨年11月以降は、前期業績の下方修正・赤字転落が響いて下値を探り、上場来安値1506円へ突っ込み、足元では、今期業績の黒字転換予想を評価して底上げ25日移動平均線水準でもみ合い、煮詰まり感を強めている。IPO時の高人気・急騰特性の再現期待を高めて一段の戻りにトライしよう。(本紙編集長・浅妻昭治)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    2. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    3. クリナップ<7955>(東1)は、3月5日から3月8日まで東京ビッグサイトで開催された「建築・建材…
    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る