【注目銘柄】ビーイングは経済対策の恩恵を受ける銘柄として注目

注目銘柄

 ビーイング<4734>(JQS)は、ミニゴールデンクロスを示現。経済対策の恩恵を受ける銘柄として注目したい。

 同社は、土木工事積算システム「Gaia(ガイア)」、CCPMソフトウェア「BeingManagement」をはじめとするオリジナルソフトウェアの開発及び販売。TOC(制約理論)に基づくコンサルティングサービスの提供を行っている。

 同社は、主力各商品のバージョンアップ販売を着実に進めるとともに、取り扱いソフトウェアの拡充や付加サービスの開発に注力するとともに、特に情報共有システムにおいて顧客基盤の拡大に向けた取り組みを進めているほか、グループの商品開発力を飛躍的に高めるため、ミャンマー子会社においてソフトウェア開発業務を開始するとともに、開発ノウハウの指導を行っている。

 前2016年3月期業績実績は、売上高が48億5700万円(前の期比2.1%増)、営業利益が5億3200万円(同12.9%減)、経常利益が5億4100万円(同13.1%減)、純利益が5億0800万円(同1.9%減)に着地。

 通期業績予想は、売上高が53億円(前期比9.1%増)、営業利益が5億4500万円(同1.5%増)、経常利益が5億5000万円(同1.5%増)、純利益が3億円(同41.0%減)を見込んでいる。配当予想は期末一括16円(同1円増)の増配を予定している。

 株価は、1月4日の年初来の高値1388円から2月15日に年初来の安値410円まで調整を挟んで4月25日高値525円と上昇。7月8日安値412円と売り直されて底値を確認。ミニゴールデンクロスを示現し、出直りつつある。政府が新たにまとめる経済対策の事業規模は20兆円超で調整と伝わっている。国土強靱化や復旧・復興需要といった政府建設投資のほか、東京オリンピックやリニア新幹線など民間建設投資などから中長期で土木工事積算システム関連の売上の着実増が見込まれる。税効果利益の特殊要因がなくなるため、今3月期純利益は減益予想だが、今期予想PER11倍台と割安感があるほか、配当利回り3.6%と利回り妙味はソコソコある。上値抵抗線の26週移動平均線を突破するか注目したい。(N)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年6月
    « 5月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る