【今日の言葉】米、日、欧の三極揃い踏みで見えてきたNYダウ2万ドル、日経平均2万円

今日の言葉

ECB(欧州中央銀行)が22日、金融の量的緩和を正式に決めた。今年3月から国債等を月額600億ユーロ(約8兆円)買い上げ、市場に資金を供給することで景気を刺激する。

先行したアメリカ、日本に次ぐ量的緩和で、先行実施組が成果を挙げていることから追随した。

アメリカは2008年11月から2014年10月までほぼ6年にわたり3度の量的緩和を行い、この間、NYダyは6900ドル台から1万6300ドル程度まで2.3倍に上昇した。日本は2013年4月と2014年10月の2度、量的緩和を行い、この間の日経平均は約45%上昇している。もっとも、日経平均は政権交代を好感してアメリカ型の量的緩和を先取る形で2012年の8619円をボトムに上昇していることから、ここを起点に捉えれば約2倍の上昇率ということになる。株価の背景となる景気は米国絶好調、日本も回復歩調と明るい。

アメリカと日本の実績から言えることは、量的緩和=景気回復ということが成り立つわけだが、ユーロの場合、19の国が集まってユーロ経済圏を作っていることからアメリカ、日本のようにはいかない難しさがある。しかし、それでも、今のデフレ状態のユーロ経済にテコ入れ策が加わることは大いに注目される。

ユーロ圏の景気が上向けば停滞している中国、新興国などの景気にプラスに作用する。もちろん、日本からの欧州向け輸出も増える。アメリカにとってもプラス効果は大きく、とくに、アメリカ一人で世界経済を引っ張っている役割が軽くなり、結果、アメリカ景気の好調持続が期待される。

アメリカ、日本、欧州と三極の量的緩和揃い踏みで、景気が安定成長軌道に乗ればNYダウの2万円、日経平均の2万円も見えてきそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1.  Lib Work<1431>(東証グロース)は6月17日、安心計画社と共同開発したAIを活用した…
    2. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    3.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    2022年8月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る