コラボスは17年3月期2桁営業増益予想、好業績見直してモミ合い上放れ期待

【アナリスト水田雅展の銘柄分析

 コラボス<3908>(東マ)はクラウド型コールセンター・ソリューションのパイオニアかつ市場シェアNO.1企業である。導入企業が増加基調で17年3月期第1四半期は2桁営業増益だった。通期も2桁営業増益予想である。クラウド化の流れを背景に中期成長も期待される。株価は新興市場全体の軟調地合いも影響して安値圏だが、好業績を見直してモミ合い上放れが期待される。

■クラウド型コールセンター・ソリューションのNO.1企業

 VOIP技術(IPネットワーク上で音声を送受信する通信技術の総称)を利用したクラウド型コールセンター・ソリューションのパイオニアかつシェアNO.1企業である。企業が保有するお客様相談室や製品問い合わせセンターなどのコールセンター向けに、IP電話交換機システムや顧客情報管理(CRM)システムをワンストップクラウドサービスで提供している。

 自社内に設備を持って運用するオンプレミス型コールセンターはシステム・機器導入に関する高額な設備投資やシステム運用費用が必要だが、クラウド型コールセンターは少ない初期費用と月額料金で運用でき、導入に要する期間短縮や短納期での移転・席数増減にも対応できるというメリットがある。このためコールセンターシステムを自社内オンプレミス型からクラウドサービス利用へシフトする企業が増加している。

 当社のワンストップクラウド型サービスは、200席超の大規模コールセンターから5席前後の小規模コールセンターまで、大手テレマーケティング会社を含めて規模を問わず豊富な導入実績(約300社4000席の稼働実績)を持ち、クラウド型コールセンターサービス(音声系プラットフォーム)市場シェア1位である。経済性と高機能性の両立が評価されて顧客数は増加基調である。

■ワンストップサービスを提供

 サービスラインナップは、クラウド型で提供される電話交換機システムおよび顧客情報管理(CRM)システムで構成され、顧客情報自動検索や自動発信・自動登録などの機能で連携している。コールセンターの規模、インバウンド(受信)やアウトバウンド(発信)などの顧客ニーズに合わせて、最適な組み合わせのサービスを提案し、ワンストップサービスを提供できることが強みだ。

 主力の「@nyplace(エニプレイス)」は、米AVAYA社製IP電話交換機システムをクラウドで提供するインバウンド向けサービスだ。小規模コールセンター向け「COLLABOS PHONE」は、当社オリジナルのソフトフォン型電話交換機能をクラウドで提供する。コールセンターに特化した機能構成の「COLLABOS CRM」は、インバウンド業務に適した顧客情報管理システム(アプリケーション)である。発信リスト作成や自動架電・クリック架電機能などを備えた「COLLABOS CRM Outbound Edition」は、アウトバウンド業務に適した顧客情報管理システム(アプリケーション)である。

 16年6月ニューフォリアと共同で、当社の「COLLABOS PHONE」とiOS/Androidアプリケーション間の通話を可能にするWebRTC技術を活用したSDK「COLLABOS SDK(仮称)」を開発した。実証実験を行ったうえで製品提供を開始する。

 また16年6月リアルワールド<3691>と連携し、当社のクラウド型コールセンターシステムとリアルワールドの「CROWD(クラウド)」会員による在宅コールセンター事業の実証実験(在宅での営業代行やアンケート回収などのアウトバウンドコール業務)を開始した。

■フィリピンに進出して海外展開開始

 海外展開はアジアを戦略的重点地域と位置付け、ASEAN人口の約7割を占めるVIP(ベトナム、インドネシア、フィリピン)をターゲットに定めている。

 16年2月、フィリピンにおける当社サービスの現地市場参入および顧客アカウント獲得を目的として、XOE社を海外パートナーとするINTERNATIONAL RESELLER AGREEMENTを締結した。XOE社との協業でフィリピン市場での実績を積み上げ、各国への事業展開を加速させる方針だ。

■月額利用料金課金のストック型ビジネスモデル

 収益は導入初期費用および月額利用料課金である。利用コールセンター席数、利用チャネル数(同時回線接続数)、利用ID数、オプション機能追加などによって月額利用料が変動する。契約数の増加によって収益が積み上がるストック型ビジネスモデルで、3年以上の長期利用顧客が全体の約5割を占めている。

 16年3月期は主力の電話交換機システム「@nyplace」を中心に各システムが伸長して15年3月期比大幅増収増益だった。業種別売上高構成比はサービス57%、製造15%、情報・通信13%、流通11%、金融3%、公益1%だった。利用企業数が増加基調で席数、チャネル数、ID数は過去最高だった。四半期別推移を見ると、売上高は第1四半期3億83百万円、第2四半期3億90百万円、第3四半期4億24百万円、第4四半期4億64百万円、営業利益は55百万円、58百万円、81百万円、57百万円だった。

 サービス別には、電話交換機システム「@nyplace」のコールセンター利用平均席数が同786席増加の5233席、売上高が同13.3%増の12億91百万円、ソフトフォン型「COLLABOS PHONE」の平均利用チャネル数が同90チャネル増加の625チャネル、売上高が同20.1%増の1億06百万円、インバウンド業務の顧客情報管理システム「COLLABOS CRM」の平均利用ID数が同261ID増加の2559ID、売上高が同0.1%増の1億88百万円、アウトバウンド業務の顧客情報管理システム「COLLABOS CRM Outbound Edition」の平均利用ID数が同137ID増加の552ID、売上高が同23.6%増の43百万円だった。

 各サービスに係る回線料、ネットワーク機器等の設備保守費用、ソフトウェア・ハードウェアの償却費などで売上原価が増加し、販管費では人件費などが増加したが増収効果で吸収した。売上総利益は同18.0%増加し、売上総利益率は42.5%で同2.1ポイント上昇した。販管費は同15.9%増加し、販管費比率は27.4%で同0.9ポイント上昇した。営業外費用では株式公開費用および株式交付費が一巡した。ROEは16.7%で同1.1ポイント上昇、自己資本比率は72.3%で同2.6ポイント低下した。配当は無配を継続した。

■17年3月期第1四半期は2桁営業増益

 今期(17年3月期)第1四半期(4~6月)の連結業績は売上高が前年同期比9.8%増の4億20百万円、営業利益が同19.1%増の65百万円、経常利益が同15.0%増の64百万円、純利益が同17.9%増の43百万円だった。各サービスが順調に伸長して2桁増益だった。

 サービス別に見ると、電話交換機システム「@nyplace」のコールセンター利用平均席数が同770席増加の5724席、売上高が同11.7%増の3億28百万円、ソフトフォン型「COLLABOS PHONE」の平均利用チャネル数が同16チャネル減少の584チャネル、売上高が同12.8%増の26百万円、インバウンド業務の顧客情報管理システム「COLLABOS CRM」の平均利用ID数が同190ID増加の2664ID、売上高が同9.9%増の48百万円、アウトバウンド業務の顧客情報管理システム「COLLABOS CRM Outbound Edition」の平均利用ID数が同51ID増加の598ID、売上高が同2.5%増の10百万円、その他の売上高が同42.6%減の6百万円だった。

 売上総利益は同17.9%増加し、売上総利益率は45.6%で同3.1ポイント上昇した。販管費は同17.2%増加し、販管費比率は30.0%で同1.9ポイント上昇した。売上原価では回線料、ネットワーク機器等設備保守費用、ホスティング費用、顧客毎のコールフロー設定等作業費用、償却費用、販管費では人件費などが増加した。

■17年3月期通期も2桁営業増益予想、配当は未定

 今期(17年3月期)通期の非連結業績予想は前回予想(5月6日公表)を据え置いて、売上高が前期(16年3月期)比10.1%増の18億30百万円、営業利益が同11.5%増の2億80百万円、経常利益が同8.5%増の2億75百万円、純利益が同12.1%増の1億85百万円としている。配当予想は未定としている。

 各サービスとも順調に伸長して2桁営業増益予想である。各サービスにおける既存顧客の継続利用による売上高を基礎としたうえで、顧客ニーズへの対応力強化、既存顧客との関係強化、国内外におけるパートナー戦略による販路拡大に取り組むとしている。

 通期会社予想に対する第1四半期の進捗率は、売上高が23.0%、営業利益が23.2%、経常利益が23.3%、純利益が23.3%と概ね順調な水準である。通期も好業績が期待される。

■中期成長に向けて顧客基盤拡大や新サービス創出を推進

 早期に東証1部への市場変更が可能な利益水準を目指し、中期成長戦略として顧客基盤拡大に向けた販売力強化・販路拡大、新たな付加価値の提供に向けた新サービス・商品の創出加速、安定事業創出に向けた経営基盤強化を掲げている。M&A・アライアンス戦略や東南アジア地域を中心とする海外展開も推進する方針だ。

 国内販路拡大では関西圏でのシェア拡大を狙い、関西を地盤とするSIerとの協力体制を強化する。アライアンス戦略による新サービス創出では15年12月、クラウド形式でのデータマイニング・データ解析サービスに強みを持つアイズファクトリーと業務提携した。既存パートナーとの協力体制強化および海外展開では、アウトソーシングビジネス大手のトランス・コスモス<9715>のフィリピン拠点に新規導入した。また海外顧客向けサーバーを15年12月末構築した。

 マーケティング手法の多様化やコスト低減のニーズも背景として、自社内オンプレミス型コールセンターから、低コストで拡張性や柔軟性も高いクラウド型コールセンターへのシフトが加速すると予想されている。サービス提案力やワンストップサービスの強み、市場シェアNO.1の実績も武器として契約数の増加が期待され、中期的に収益拡大基調だろう。

■株価はモミ合い上放れ期待

 株価の動きを見ると、6月の直近安値3210円からの反発力がやや鈍く、概ね3500円~4000円近辺でモミ合う展開だ。第1四半期2桁営業増益に対する反応は限定的で、新興市場全体の軟調地合いも影響しているようだ。

 8月25日の終値3780円を指標面で見ると、今期予想PER(会社予想のEPS262円23銭で算出)は14~15倍近辺、前期実績PBR(前期実績のBPS1518円55銭で算出)は2.5倍近辺である。時価総額は約27億円である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線が戻りを押さえる形だが、指標面に割高感はなく、好業績を見直してモミ合い上放れが期待される。(日本インタビュ新聞アナリスト水田雅展)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年3月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る