【どう見るこの株】任天堂は再動意で上値試す、新ゲーム機「NX」への期待高まる

任天堂ホームページ

 任天堂<7974>(東1)に注目したい。スマホ向け「ポケモンGO」が世界的大ヒット作となり、周辺機器「ポケモンGOプラス」の発売を予定している。また9月8日には米アップルiPhoneユーザーへの「スーパーマリオラン」配信を発表した。16年冬には新ゲーム機「NX」発表(17年春発売予定)も期待されている。株価は「スーパーマリオラン」配信を好感して再動意の形となった。上値を試す展開だろう。なお10月26日に第2四半期累計業績発表を予定している。

■ゲーム機・ソフトの大手

 ゲーム機・ソフトの大手である。16年3月期の品目別売上構成比はゲーム専用機ハードウェア53.1%、ゲーム機専用ソフトウェア45.5%、スマートデバイス・IP関連収入(スマートデバイス向け課金収入、ロイヤリティー収入など)およびその他1.5%、地域別売上高構成比は日本26.9%、米大陸44.8%、欧州25.2%、その他3.1%だった。

 主力はゲーム機「ニンテンドー3DS」および「Wii U」のハードウェア・ゲームソフトである。16年3月期の販売実績は「ニンテンドー3DS」のハードウェア679万台・ソフトウェア4852万本、「Wii U」のハードウェア326万台・ソフトウェア2736万本だった。

 なお16年8月、シアトルマリナーズ運営会社の持分の一部売却について、メジャーリーグベースボール機構の承認を得て売却が正式に決定した。売却額は661百万米ドルである。

■新コンセプトゲーム機「NX」を17年春発売予定

 中期成長に向けた戦略として、ビデオゲーム専用機ビジネスにおける全く新しいコンセプトのゲーム機「NX」を開発中(17年3月発売予定)である。従来どおりソフトウェア主導でハード・ソフト一体型のユニークなビジネスを経営の中核とする方針だ。

 また16年3月には当社初のスマートデバイス向けアプリ「ミートモ」の配信を開始した。さらにゲームと連動する新カテゴリー商品として、当社のキャラクターをフィギュア化・カード化したamiiboの発売など、ゲームの枠を超えて「任天堂IP(知的財産)に触れる人口を拡大する」ことに注力する方針だ。

 16年8月にはジェスネット(札幌市)を子会社化し、ジェスネットがアジオカ(愛知県)からビデオゲーム卸事業を譲り受けると発表した。本子会社化および本事業譲受(いずれも17年4月3日実行予定)により、商品開発から供給に至るまでの一貫体制を強化する。

■米アップルiPhone向け12月配信開始

 9月8日にはスマートデバイスに最適化した新しいアクションゲーム「スーパーマリオラン」の配信決定を発表した。16年12月に100ヶ国以上のApp Storeにおいて、米アップルiPhoneユーザー向けに配信開始する。コンテンツ制作は当社、サーバー関連はDeNA<2432>が担当し、収益は役割分担に応じて分配される。

■クリスマス商戦などが需要期、ヒット作や為替の影響が大きい収益構造

 ゲーム機・ソフトはクリスマス商戦などが需要期となるため第3四半期(10~12月)の構成比が高く、収益は新型ゲーム機および新作ゲームの発売時期やヒット作の有無の影響も受けやすい。さらに海外比率が高いため為替影響を受けやすい。特に経常利益は、米ドル建て預金など外貨建て資産に係る営業外での為替評価(為替差損益)が大きく影響する収益構造だ。

■17年3月期通期は大幅増益予想

 今期(17年3月期)通期の連結業績予想(4月27日公表)は売上高が前々期(16年3月期)比0.9%減の5000億円、営業利益が同36.9%増の450億円、経常利益が同56.3%増の450億円、純利益が同2.1倍の350億円としている。想定為替レートは1米ドル=110円、1ユーロ125円(16年3月期末レートは1米ドル=112円68銭、1ユーロ=127円70銭)である。

 第1四半期(4~6月)はハードウェアの販売減少や為替の円高影響などで大幅減収となり、営業外費用で為替差損350億円(第1四半期末為替レートは1米ドル=102円91銭、1ユーロ=114円39銭)を計上したことも影響して赤字だった。ただし通期は大型タイトル発売などで増益予想である。

 「ニンテンドー3DS」については、世界累計販売本数が2億本を突破した「ポケントモンスター」シリーズの最新作「ポケントモンスター サン・ムーン」を11月に世界で発売予定である。また「ポケモンGO」の周辺機器として当アプリと連動する「ポケモンGOプラス」を発売する予定だ。スマートデバイス向けアプリでは、16年3月配信「ミートモ」に続いて「ファイアーエムブレム」「どうぶつの森」などの配信を予定している。

 米Niantic社が開発・配信したスマートデバイス向けアプリ「ポケモンGO」については、持分法適用関連会社のポケモンが「ポケットモンスター」の権利保有者として「ポケモンGO」のライセンス料および開発運営協力に対する対価を受け取るが、持分法適用関連会社のため連結業績に与える影響は限定的で、業績予想に織り込み済みとしている。

■株価は調整一巡して再動意、上値試す

 株価の動きを見ると、世界的ヒット作「ポケモンGO」を好感して7月19日高値3万2700円まで急伸した。その後は一旦反落して2万円~2万5000円近辺でモミ合う展開だったが、米アップルへの「スーパーマリオラン」配信を好感して9月8日に2万9200円まで急伸した。調整一巡して再動意の形だ。

 9月9日の終値2万7625円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS291円35銭で算出)は95倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間150円で算出)は0.6%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS9662円73銭で算出)は2.9倍近辺である。時価総額は約3兆9136億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの形だ。再動意となって上値を試す展開だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る