【村山貢司の気象&経済歳時記】エルニーニョとラニーニャ

 2016年の夏は猛暑と大雨、台風が混在する不安定な天候になった。この原因は主に南太平洋でのエルニーニョであるらしい。昨年から続いていたエルニーニョは初夏に終息に向かったが、影響は秋まで残り、9月は記録的な長雨と日照不足になった。現在はエルニーニョから正反対のラニーニャに急速に移行しており、少なくともこの冬から春にかけてラニーニャが続く見込みである。

 ラニーニャが発生した時の日本の冬は、西日本を中心に寒気が南下しやすくなる。簡単に言えば寒くなる。ラニーニャ発生時の過去の天候を見ると東日本から西日本では気温が低くなる場合が46%、平年並みの場合が39%である。つまり85%の確率で気温は平年並みか平年より低くなる。北日本では平年より低いが38%、平年並みが47%である。いずれにしてもこの冬は暖冬の可能性はかなり低く。全国的に平年並みか低い気温になるだろう。

 特に冬の前半は西日本を中心に11月後半から気温が下がり、東日本でも早めに平年並みの気温になるために、冬物の出足は昨年よりも早めになるであろう。

 問題は日本が寒くなる時は同時に北米東部やヨーロッパにも寒気が南下しやすくなることで、オペックの減産合意によって原油価格の上昇が懸念されているが、日米欧の寒さがさらなる原油価格の上昇につながる恐れがある。

 ラニーニャが持続した場合、日本は春も低温傾向が続くことが多く、山の積雪が多くなるために関東などの水不足の心配は小さい。初夏からは気温が急上昇し、夏は猛暑になることが多くなる。経済や農業への影響が大きいのでこの先の気候の推移には目が離せない。(村山貢司=気象予報士・経済評論家)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. 2019年相場展望 米中貿易摩擦の動向に左右される展開 2018年の東京株式市場は、欧米の長期金利の…
    3. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る